FC2ブログ

彼女とデート

群馬の彼女と、馴染みの喫茶店に行った
9時がラストオーダーだというのに群馬に着いたのは0840
1時間掛かっちゃった。死ぬ気で飛ばしたのに。
道中、中島みゆきの化粧を歌っていたら号泣してしまって運転不能になったせいか。

なんとか着いて急いで彼女のクルマに乗り換え、喫茶店に行くと、彼女があっ!と声をあげる
「どうしたの?」
「あいつがいる日だったよ~」
「えっ、あのアレかー!」
彼女の事を好きになっちゃった人のクルマがあるんだと。
「どうする?違う店に行く?」
「いやいい。あいつのせいでこっちの予定変えるなんてしゃくだもんね!」
男前な彼女だよなぁ。
店に入ると奥にいたようだけど完全に無視していつもの席についた。
マスターは「また女同士で来たね~」なんて言う。
会社帰りのまま、スーツにコートという完全に見かけは男なのに変に気を遣うのやめていいです。
ピザとコーヒー、パフェも食べたかったけど、このあと夜の公園散歩の予定だったから我慢。
相変わらず彼女主導の話を聞いて、でもこれがまたとんでもなく珍しい体験話だから面白い。
一時間ほどで店を出て、公園に移動。
の前に、コンビニのトイレ借りる。
私がトイレから出ると、彼女は立ち読みをしていた。
それ、私が載ってるやつw
横から見る彼女がとても可愛く見えた。
150cmぐらいしか無いので頑張ってヒール履いて。
私より3つも年上には見えないよ。
髪が伸びたな~。
自分が気付くくらいだからほんとに逢ってなかったんだな。

大きな公園はサクラこそ散ってしまっていたのだけど、ライトアップされていて所々の暗がりにはカップルがいるのが見えた。
手を繋ぎたかったのに、彼女はポケットに手を入れている。
いつもならどこかで彼女が抱きついてきたり、二人で写真撮ろう!て、はしゃいだり。
キスしたりするはずなんだけど。
なんとなくこちらから手を出しづらかった。
人目を気にしてっていうのもあるけどね。
会話だけは二人いくらでもあるので、ずーっと話してた。
私の車の所までのせて貰っているときも遠回りしてずっと話してた。
車を乗り換える前に、また30分ほど話して、手を握ってキスをした。
いつものように柔らかいキス。
その後彼女が言ったんだ、

「やっぱり逢わなきゃだめだわ」

逢わなかったとき、何があったのだろう。
心が離れていたのかもしれないね。
二ヶ月。LINEやメールも元からかなり素っ気ない人だったので気にしていなかったけど。
やっぱりという気持ちだった。
でも私は彼女と居るときが一番気持ちがゆったりする。
7年目になる今ではまったくセックスもしなくなったけど、それでも一緒にいたいひと。
欲望だけの関係ではない、私のラヴァ。
私は応えた。

「ずっと苦しかったときも貴女のことを考えていたよ」

私を振ったあの人とは別次元で存在する彼女。
あの人は私の古い妄想に似た、自分のなりたい姿を持った理想の女で、群馬の彼女は私の拠り所で、奥さんは約束の人。
男女関係には波があって当然だと思う。
配偶者との関係は大波がきても絶対離れられない契約に縛られている。
契約破棄は双方にダメージを与える。
これを知ってたら結婚したくなかったかもしれない。
私にとっての結婚は、独占欲だったと確信している。
恋愛の確約は、結婚という契約によって成ると思っていた。
そうでもないんだよね。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

こんばんは~(ゝω∂)
fubukiさん、本に載ってるの???すごい(〃ω〃)

どんな本か気になってしまいます(笑)

No title

男祭りワッショイてゆう本です

ないわーw

今日も取材されるので都内移動です。
写真はストレスで嫌ですよ