FC2ブログ

書くことの功罪

私は昔から文章を書くことが好きで、同人的な小説サイトも運営していました。
自分の中にある経験や知識、感想を構成し一つの形になることがとても楽しかったのです。
その頃は仕事と趣味に没頭し、恋愛的な発展はどこにもありませんでした。
それが、あのひととLINEで話し始めてから文章が書けなくなりました。
短文によるコミュニケーションは私には合わなかったのかもしれません。
でもそれに頼った付き合いが中心となり、長い文章を書いたら変な人と思われるかなとか、短くても意味が伝わる言葉を選ぼうとかいつも考えながら会話をしていたように思います。
LINEでの関係はとても良好で、二人はどんどん心を開いて子供の頃のトラウマや、普段の生活で社内では聞けないプライベートまで話していました。
それだけ繋がっていたのにね。

LINE会話して、彼女とのことで発展があったり、楽しかった事はEvernoteに書きためていました。
フラれてから私はEvernoteの過去の思いを見てしまいました。

大ショック
涙が零れました。

xx月xx日
「いつもは女らしい事を言わない彼女が、おやすみーのメッセの時、明日もがんばってね!て言ってくれた。
ものすごくかわいい、嬉しくて眠れない」

なんて書かれていて、それを書いたことも忘れていた。
いきなり飛び込んてきたその時の想いが蘇ってしまった。

文章にして厭な事を書くと忘れられるタチだと想っていたので、そろそろ書いて忘れたいと想っていた矢先のフラッシュバックでした。
またしばらく文章というモノが書けなくなってしまいました。

厭な事を書いて忘れる事が出来るけど、その際は書いた後捨てていました。
そうすることで忘れる事が出来ました。
しかし、嬉しかったこと、楽しかった事を書いておくと、普通捨てませんからあとで発見してしまう事もあるわけです。
今やっとたくさんのしがらみから離れたこのFC2ブログをはじめて、嫌な想いを書き捨てています。
少し気持ちが落ち着き、あの人の夢を見なくなりました。
でも会社で見掛けたりしたらまたぶり返すんだろうけど。

忘れたくて書くなら厭な事を。忘れたくないなら楽しかった事を。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント