FC2ブログ

サヨナライツカ。泣くわ

辻仁成のサヨナカイツカをいまさら読みました。
電車で読んでいると涙が滲んできて途中で読むのをやめてしまう……そんな繰り返しで大変時間が掛かってしまいました。

人は死ぬとき、愛したことを思い出すのか、愛されたことを思い出すのか。

いままで生きてきてこれほど人を愛したことが無いと思った恋心も……、いや恋みたいな下心は無かった。
性欲が無いんだもの。
純愛だった。たぶん。
人を愛する気持ちがこんなにも苦しいモノだとは思わなかった。
しかし、それは彼女の心変わり、待たせすぎた故の彼女の苦しさを判らなかった自分のバカさ加減により結局思い出したくない記憶に変わってしまいました。
私はいままで追われる愛に甘んじてきて、そのまま流されるまま体を重ね、いつのまにか全てのオンナを愛する錯覚に落ちていたような気がします。
私は死ぬときに愛されたことを薄~い思い出として思い出すだけの寂しい死に方をするのかも知れません。
最も愛した思い出は封印しなければ耐えられない苦しみになってしまいました。
やり直せるならばなんとかしたいのだけれど。過去は変えられません。
サヨナカイツカは小説であって、25年後に再会するまでお互いがお互いをずっと愛し続けていたなんてことはあり得ないでしょう。
今はそんな愛を持っていたと思えても、忘れなければ先へ進めない悪い愛っていうのもあると思います。
愛したまま別れなければならないという美談。
事実は小説より奇なりで世の中にはあるのでしょうけれど、私の残り少ない人生のたぶん最後になる愛は失敗で終わってしまったのだなと思います。
恋愛小説でこんなに泣くとは思わなかったよ
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント