FC2ブログ

女性化の方向性を再認識したい

またまた色々なGID関係者ブログを読んで自分の方向性はしっかり決めておかないと困ったことになるなと思いました。
現時点での私の方向性を定めておきたいと思い、ここに記録しておきます。

●自分はGIDでは無いということ。
男性が嫌いなのはありますが、それは女性の気持ちとして感じているとは言いがたいです。
男性である自分の身体が嫌いではありますが、それは同族嫌悪的なもので、女性なのにへんなものが付いてていやーー!という気持ちでは無いです。
小中高と女性になりたいという気持ちは何度もありましたが、それはなりたいであって、本当は女性なんだという感覚では無いということ。おそらくアニメや映画など外部からの情報による影響でしょう。
GIDで無いのに女性になりたいというのであればAGと考えるのが妥当で、私はやっぱり性的倒錯者なのだろうとは思います。
性欲が無くなる前までアダルト業界でSM映像や小説、おとなのおもちゃの開発など、あらゆる性を取り扱っていたのですから変態で無いとつとまりません。変質者じゃないですけど。

AGという区分けによってGID診断を受ける資格は無いでしょう。
そこは自覚して、自分は昔からオンナノコと遊ぶ方がたのしくて持ち物もオンナノコっぽかったという嘘は言いません。
女の子と遊ぶのが楽しいのは男の子ですから当たり前でした。
ただ女性の身体になりたいという願望は狂おしいほどにあります。
女が好きすぎてオンナになっちゃったというところかも。
醜い中年男にはなりたくありません。たぶんナルシス入ってます。
心が完全な女性であるとGIDでは無いということを自覚し、女性に「なりたい」と考える自分を制御し続けるべきだと思っています。

●家族に対すること
妻に女性化の話をしたところ、あっそという返事だったのでまあいいかなと。
定年まで給料が入ってくれば良いらしい。
奥さんひとりの稼ぎではやっていけないこともわかっていますので、離婚するという責任放棄はできません。
結婚式で誓ってしまいましたからね。
奥さんから離婚してくれと言われたら、結婚前から話し合っていましたが、私は絶対引き留めません。
そういう性格だからです。
奥さんが考えていた生活、私は男として家族を支えてくれるはずだという期待に背くことは無いでしょう。
たとえ仮面夫婦であってもデス。
奥さんを選んだ私に全ての責任があります。
二人とももうじき五十代になりますから相手がオッサン化しようがおばさん化しようがたいした問題ではありません。
世間体というものは私の方が強く自覚しています。
とっても狭い町内であり、保守的なのです。生まれ育った街ですし、両親も住んでいて、二人が亡くなればその家に入ることになるでしょう。
私を子供の頃から知っている人たちに囲まれていて、クルマの掃除でもしていれば「おっきくなったわねぇ」ともうじき50の男が言われるというね。
妻には最期まで男の責任を果たし、近所にも女性化していることは言わない。
両親は知っていますけどね。もうイイトシなんだから普通にしてたって女性化してゆくもんだという考えだそうです。

娘達は父が女性になったら迷惑だろうと思います。
結婚するまでは普通でいて欲しいでしょう。
ただ数年前までの薄毛だった私より今の方が良いと言っています。若々しい父親であってほしいらしいですけど、まさか女性化しているとは思っていないようです。
二人の結婚式にはチェロを弾きたいと思ってがんばっています。
ですので、私が娘達の父親でいることは決定です。

●職場に対しては
小売業のイケイケのまま勝手に大企業になってしまった幼い会社ですので、GIDに対する準備は何も無いそうです。
株式公開したのにインサイダーもわからない役員ばかりですから頭はとても固いでしょう。
人の異動も好き嫌いで発生するものですから社員はいつも落ち着けません。
この会社で女性を見せることは無いでしょう。
ただ、仲の良い同僚女性は女友達が増えた~ぐらいに思って付き合ってくれています。
危険の無いオトコっていうことでしょうね。惚れてしまいそうです。
社内では小綺麗な男性サラリーマンを貫き通したいと思います。

●友達には
どんな親友であっても他人は他人。最近女っぽいぞとかおっぱいがあるじゃんて言われたら応えますが、聞かれなければ別に言いません。友達の前に女性の姿で現れることも無いでしょう。

●姿形の変化にどう対応するか
人の姿の変化なんて当たり前にあることです。
自分をいつでも客観的に見て変であれば調整するでしょうし、不快で無ければそのままでしょうね。
人からどう見られているかが気になって仕方ない神経質な人間です。
毎日の変化は気付きませんが、たくさんの人に会ってその反応を見ていつも自分を見直すべきとは思っています。

●声は
うーん使う場面が想像出来ないのですが、女性声の練習はしたいと思います。
切り替えることが出来ないほど高くなってしまうのはNGですね。

●自分の女性化はなんなのか
女性ホルモン服用により寿命を縮める結果となったとしてもやりたい事です。
ただ子供達が生活していけるまでは生きたいです。
死ねば住宅ローン、保険金などお金に関して残された家族に迷惑を掛けずに済む準備はしています。
住む家もあるわけだし、男親としての一般的な責任は果たして行こうとおもいます。
やりたいことというのは趣味と言ってもいいでしょう。
GIDカテゴリの方と性質がまったく違います。
男性の責任に疲れたオトコが女性の身体を手に入れて安心感・幸福感を得る。
肉体的女装と言っても過言ではありません。
性欲からの離脱は私にとって僥倖でした。
性欲はもう要りません。三欲のひとつを自らの手で潰すことが出来たのです。
睡眠と食欲は無くなったら生きていけませんが、元々なくなっても良い欲求でした。
性欲を放棄したことで、代わりに手にできたモノがお金と時間です。性欲のために使ったお金と時間はもう充分。
性ビジネスでは入ってくるお金や人脈もありましたが、今や若い世代には勝てません。
その時間と金を使って新しい事も出来るでしょう。

心が完全な女性で無ければ、人前で男が女性の仕草をするだけのことです。
なんで女性化したのって聞かれたら、「自分の人生でやりたかったことの一つです」て応えると思います。今はね。
やりたかったからといっても、やっていいこと、悪いことってあるとは思います。
性別の変化だけは社会的に影響があるからなかなか出来ないことではあるのですけれど、私の遺体を拭き清めるときに、あらまぁて思われるぐらい、面白がってもいいんじゃないかなと思います。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント