FC2ブログ

女性として生活したいわけじゃない

最近大量のMtFさんのブログを一番古いところから読んでいます。
私の琴線に触れるブログ主さんの記事は、ほとんど私の考えに似ていて、同じように進んでいます。
みなさんほとんどの方がエスカレートしてゆくようです。
早まった女性服、カミングアウトの軋轢、悩み、心の病。
本当のGIDの人はほとんどいません。
特に私が見ている方々は、40代が多く、もちろん偏りがあります。
既婚者であったり、彼女がいたり、オトコとしての責任を持たなくてはならない世代です。
それに疲れた人が集まるのがMtFの一つのグループなのではないかと思います。
最終的には離婚して、戸籍を変えるまで行き着いてしまっているようです。
GID診断での性別違和とは別に、人生の切り替えが出来る世界としてのサービス機能があればいいのに、というか実際にそのサービスの前身が形作られつつあるようです。
いまはMtFの中に仲間割れ、差別、別種という考えが溝を深くしつつあるようで、それが今後の日本の性別に嫌な影響を与えてしまいそうで心配です。
極めて個人的で、完全な自己責任がMtFのスタート地点だと思います。
そのあと、私達のようにブログを書き、他者の情報を仕入れ、実際に同族の方々と交流することによってわざわざ線引きをしてしまうのが一般的な流れのような気がします。
私は女性になれば女性の性を楽しむことが出来るのではという期待が根底にありました。
実際に身体が変わってくると、考えも変わってくるようです。
今は女性っぽいオトコでもいいかなと
もちろん若いうちからはじめていたらもっと違う方向に進んでいたのは間違いありません。
私のこれからは、自分の中のオンナノコを愛するという、内に向かったトランスになるようです。
自分が嫌いで、自分の名前も嫌いだった自分が、まさか自分を好きになるときがくるとは思いませんでした。
自分スキーで、なんかやなかんじですけど自分を好きで無ければ表せない感情や態度が残っているはずです。
男性から女性に「体質」を変えるのは、私にとって趣味かもしれません。

極めて個人的な感想ですので!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

非公開コメント