FC2ブログ

性別迷子パート2

女性化に関しては低迷もしているし、なるようにしかならないなと思っていた。
しかし、いまヒロと関係しているわたしはなんなんだろう。

男モードと女モードをうまく切り替えていると言っていたけど、本当だろうか。

わたし達は普通にゲイなんじゃないだろうかとも考えた。
ゲイであろうともビアンであろうとも、人を愛する気持ちは変わらない。
攻めと受け、ネコとタチの切り分けが入れ替わることもあるだろう。

友情にも親愛があり、親友には命も掛けられる。それとどう違うのか。
MtFの恋愛で、最初から男女の役割を決めてつきあう人たちも居る。
わたしたちは女性化が進んでいないうちに始まったから、その役割は決まっていない。

たとえば私の女性化が進み、男女のように見えるのであればわたしは「彼」と手を繋ぎ安心してイチャイチャできるだろう。
それに躊躇するのは、わたしが男としての体裁を気にしてしまうからだ。
自分の社会的体裁が客観的にわたし自身をジャッジしている。

姿が気持ちを変えるのだろうか。
AGであるわたしならあると言える。
とはいえ姿が追いつくまでは女を演じているだけのような気がする。
姿が女性になったとき、逆の性別違和を感じて、今度こそGIDと呼ばれることになり、男の心なのに女の姿であることに苦悩するかもしれない。

「女性のように扱われたい」と「女性になりたい」という気持ちが私の中では少しずれている。
自分の弱さを見せられる相手がいることは、それが女性として相手して貰える事とは違い、自分の弱さであるクソ甘えたキモイおっさんのアホな姿を勘違いしてかわいがってくれているんじゃないかと思えてしまう。
女を演じた嘘の姿だ。

そんなわたしのことは人として好きだと言ってくれている。
女だからではない、男だからでもない。
姿形や性自認がどうのこうのでは無いと。

もちろんわたしだってそんな表面的な事や、中途半端な性自認を認められて告白されたのでは無いと知っている。
わたしのこれまでの人生が、男同士にしか見えない二人が恋人同士であることに違和感を感じている。
同性愛を否定しているわけじゃ無いが。

男女の姿であれば。
いや、姿だけでいいのか?
わたしが女の思考回路になった場合、「彼」として好きになることに障壁は無いが、「彼」はMtFであり、「彼女」でもある。
本当の女はMtFからの告白を素直に受けられるのだろうか。
わたしが女になったとき、私を振った例のあの人のように女の嫌な部分が出たりするのだろうか。
あの人のような女を目指してきたはずなのに、女の心の残酷さや不可解さがだんだんわかってきた今、あの人のような女にはなりたくないとも考えてしまう。

最近「彼」は「彼女」化してきているように思える。
わたしよりホルモン剤の効き目が強いみたいだ。
これ以上変わらないよと言ってくれている「彼」は、本当は「彼女」になりたかったのではないか。
覚悟を持って女性ホルモンを使用しているMtFの仲間だったから……。

わたしの女性化について焦りは無いけれど、迷子になりかけているのではないかとだんだん気づいてまわりをキョロキョロしはじめているような落ち着かない気持ちなのです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

あれだね。

もう迷子になってるような感じw

僕も一緒だからね。

僕の場合は考え方が一定じゃなくて、ウロウロしてる。

どうしようもないからナスがママきゅうりがパパでいってますがw

ま、型にはめずそれも一つの個性と捉えて日々生きてます笑

結構ノンちゃんみたいにキョロキョロしてる人多いかもねー

雫ちゃん

このブログは雫ちゃんのこともイメージしたw
自分がどっちだとかそんなこと関係なく愛し合っていればいいんだけどさ。
変わってしまう自分の姿が心に影響したら同じつきあい方ができるのだろうか・・とかね

私は「彼女」になりたいのかと問われるとノンちゃんが「彼」だから私が「彼女」になってる気もする。ノンちゃんがどんどん女性化していけば私も「彼」になるのだろうけどそうした場合、私の中の「彼女」はどうなるのだろう。
男でもあり女でもある私は相手によって始めてその性を自認することができると思う。以前ノンちゃんが除嚢したいと言った時反対したのは女性として貴方を愛せないから。
私達の方が男女を意識することが多く、他の方々は普段の生活において男女を意識することはあまりないわけでかえって私達の方が男らしさ女らしさという得体の知れないものに取りつかれているのかも知れないです。

ヒロ

コメありがとう
困らせる記事だったと思うけど、気になることは吐き出しておいた方が良いと思って。
まだしばらくは男女モードを切り替えて付き合うことになるだろうね。
二人ともほどほどまでしか変われない環境だしね
わたしら何か変わってきているよ
深刻には考えないようにしましょ