FC2ブログ

蔦森樹氏の男でもなく女でもなくを読んだ

蔦森樹氏の「男でもなく女でもなく―新時代のアンドロジナスたちへ」を買った。
hiroさんのブログタイトルにもなっていて、また読みたいなぁ、なんて言ってたので、こっそり買って先に読んでやりましたw
この本は、1990年代のMtFを代表する内容だと聞き一度は読みたかった。
蔦森氏は男臭いバイク評論家で、ひげ面に大型バイクを駆っていたそうだが、ある日突然、ヒゲと肌の汚さにショックを受け、その場で剃り落としてしまい、女性化が始まったそうだ。
女性になりたいというTG面も時折みられるのだけど、本人は綺麗な自分を目指したとき、それが女性の姿だったと書いている。
フェミニズムの研究により、女性と男性の位置づけを深く理解し、最終的には男女差というものは、ただの偏りなのではないかと言っている。
男らしい男、女っぽい男、男っぽい女、女らしい女。地球上に二つだけの性があるという考えは理解しやすいところではあるが、マクロ的視点に立った場合、男女で切り分けられるものでは無いという考えに同感。
そして、蔦森氏が何度も聞かれた質問「どうして女性になろうとしたのですか」という答えが「この姿が好きだから」ということに行き着いたのはまさに私のようなTSで中途半端な気持ちに明快な答えを貰った気持ちだった。
MtF人生に踏み込んでからの氏の環境は何度も見て来た数々のブログ主の話と同じだった。
女性化が進まない焦り、配偶者との別れ、一人の生活になってからの落ち込み。
蔦森氏の文章はとても物事を難しく解釈し、正確に分析した長文となっていて、とても読みづらい。この文章と似た感じを知っている。
真希(ねこぽんねこ)さんが書かれていた「トランス感覚」というブログ。わたしが女性化を始める前、一番古い記事から全て読んたブログ。
http://nekoponneko.blog56.fc2.com/
GIDでMtFで最初の頃女性化がエスカレートして豊胸し、オンラインゲームで奥さんは彼氏をつくり、真希さんは女性キャラで彼氏を作り、最終的には奥さんはその彼氏と結婚することになって娘と二人暮らしを始める。
離婚前に真希さんはブロ友のMtFさんを家に住まわせて養女として四人暮らしを始め、奥さんが出て行ってからは三人の大黒柱として最初から居る会社で働いていた。
その後の三人の生活は複雑すぎて説明できない。
双方のブログがまだ残っていて、その更新は2012年で止まっている。
真希さんだけは別のブログで今年、生存報告をしていたのでホッとしたけど。

なにが言いたいのかというと
既婚MtFの人生ってみんなこうなっちゃうのか。
男として女性と結婚したあと、女性になりたいというのは、まだ若い夫婦であれば重大な裏切りになるだろう。
わたしみたいにもうセックスレスで、わたしに対してカネ持ってくる同居人ぐらいに思っているのならどうでもいいみたいだけど。
群馬の彼女とも1年前にセックスを封印した。
キスしても「唇やわらかい。女の子になっちゃってるねぇ」と言われて私は彼女の彼女扱いされている。
「女になっちゃったからキライになった?」と聞くと、「nonさんはnonさんだから一生かわらないよ」という返事。
配偶者じゃないから言える事かもしれないね。
わたしが女性装をしはじめたら、さすがの奥さんも娘達も非難して家を出て行けと言うと思う。
わたしのやりたいことが理解できない以前に、彼女らの迷惑になるからだ。
絶対的に女性にしか見えないのであれば、まさかあそこのパパとは思われないから大丈夫だとも思う。
しかしそれはもう無理な話で、社会生活ではヅカ男役に目標を定めている。
GIDでないMtFは気に入った服装が女性服であるぐらいの「本人の好きの実現」だと思う。
全裸が好きだとか、半ズボンが好きだというのも家族から反対されるよね。
それとおんなじ。

蔦森氏の本はhiroさんへプレゼントしたので無いけど、私はわたしの好きを探せばいいので、もう参考になる事は無いと思う。
単行本ですぐ読み終わるかと思って電車で読んでたけど、すぐ涙が出ちゃって中断していたので時間が掛かったなぁ。
2016-11-10book.jpg

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

非公開コメント

No title

現実的に既婚MtFで完璧に成功している例は極めて少ないと思います。
言われるように裏切りであり女性化のために人生転落なんてざらにあると。
ほんとにこう言った話は繊細で難解な事だと思います。
色々共感できますが旨く言葉にできないかな。
すいません。
私も一度本を買って読んでみます。
それと記事も。

GIDじゃないMTFというジャンルが存在ふるのか。

僕、常日頃、女体になりたいだけの変態なおっさんじゃないかと言う考えが僕自身あったのだけれども、こういう事だよね?

ちゃうかな。

No title

純ちゃん
幸せになってる人はほんとあまり見かけないよね。
せめて家族だけでも許容してくれたら、でもそれじゃダメな人もいるし。
世界観が変わらなきゃ無理かもなぁ

No title

雫さん
私たちはAGかもね
性倒錯症のひとつ
性欲はないけど
GIDはもっと深刻みたいなので、わたしはGIDだなんて言えない
どの区分に入るかを考えるのは不毛みたいね

No title

性嗜好を他人よりも自分に求めるタイプなので女性化その他改造も性癖の具現化と思ってます
家庭環境は決して良いものではなかったし、幸せな家庭なんて想像できなかったし女性化する前から自分の家庭を築きたいなんて考えた事なかったです

No title

ユーさんの女性化はだから色気が凄いのか
自分の好きなカタチを求めてトランスするのは楽しいよね。
ユーさんがどうなるのかファンとして見守ってますよ〜

裏切り人

こんばんは~(o・д・)
裏切り人です((((;゜Д゜))))

家庭なんてモテるハズ無かったのに……、仮初めの家庭なんて虚像をつくり、破綻させてしまった私。

だから……、私は、幸せになれないんだ。

No title

まなみさんは数少ない成功パターンになりそうだよ。
誰も不幸にしてないとは言えないけど、相手の不幸も一生物ではないかもしれないじゃない。

離婚が多いのは意外

ウチの人は、そんな反応だった。

結構ぶっ飛んでるとこがあるから、普通じゃないかもですけど。

でも、理性や信念だけじゃなくて、感情もすごく大事にする人だけど、好きな人なら性別が変わっても何も変わらないって、ほんとに思ってる感じがして、嬉しかった。

あたしは、女っぽい男の格好した女、辺りに落ち着くのかな…

No title

たーさんには読んでもらいたい本です。
実感的にあきらめてる部分あるじゃないですか。
それよりも自分の考え方なんだなって

んーと。

私は私で居たら医療にGIDにカテゴライズされちゃった「好き」が先行してた「結果の」GIDなので、今更好きな事もナニも無いんだけど~
割と今のスタイル落とし所としては気に入ってるし~
欲かきすぎてもね?

でも、確かに家庭とか相手とか居たら今まで大変だったかも?
その状況になった事が無いのであくまで想像の範疇から出ませんが...

No title

偽看護師さん
トランスってなんつーか、
自分メンテやなんやで周りが見えなくなっちゃうんじゃないかって。
奥さんはほっとかれてるような気持ちにぬるなじゃないかなと想像。
そこでママメンテがちゃんとできていれば目をつぶって貰えるような気がする。
一緒に暮らしてるならそれは奥さんに限らないよね