FC2ブログ

性別迷子パート2

女性化に関しては低迷もしているし、なるようにしかならないなと思っていた。
しかし、いまヒロと関係しているわたしはなんなんだろう。

男モードと女モードをうまく切り替えていると言っていたけど、本当だろうか。

わたし達は普通にゲイなんじゃないだろうかとも考えた。
ゲイであろうともビアンであろうとも、人を愛する気持ちは変わらない。
攻めと受け、ネコとタチの切り分けが入れ替わることもあるだろう。

友情にも親愛があり、親友には命も掛けられる。それとどう違うのか。
MtFの恋愛で、最初から男女の役割を決めてつきあう人たちも居る。
わたしたちは女性化が進んでいないうちに始まったから、その役割は決まっていない。

たとえば私の女性化が進み、男女のように見えるのであればわたしは「彼」と手を繋ぎ安心してイチャイチャできるだろう。
それに躊躇するのは、わたしが男としての体裁を気にしてしまうからだ。
自分の社会的体裁が客観的にわたし自身をジャッジしている。

姿が気持ちを変えるのだろうか。
AGであるわたしならあると言える。
とはいえ姿が追いつくまでは女を演じているだけのような気がする。
姿が女性になったとき、逆の性別違和を感じて、今度こそGIDと呼ばれることになり、男の心なのに女の姿であることに苦悩するかもしれない。

「女性のように扱われたい」と「女性になりたい」という気持ちが私の中では少しずれている。
自分の弱さを見せられる相手がいることは、それが女性として相手して貰える事とは違い、自分の弱さであるクソ甘えたキモイおっさんのアホな姿を勘違いしてかわいがってくれているんじゃないかと思えてしまう。
女を演じた嘘の姿だ。

そんなわたしのことは人として好きだと言ってくれている。
女だからではない、男だからでもない。
姿形や性自認がどうのこうのでは無いと。

もちろんわたしだってそんな表面的な事や、中途半端な性自認を認められて告白されたのでは無いと知っている。
わたしのこれまでの人生が、男同士にしか見えない二人が恋人同士であることに違和感を感じている。
同性愛を否定しているわけじゃ無いが。

男女の姿であれば。
いや、姿だけでいいのか?
わたしが女の思考回路になった場合、「彼」として好きになることに障壁は無いが、「彼」はMtFであり、「彼女」でもある。
本当の女はMtFからの告白を素直に受けられるのだろうか。
わたしが女になったとき、私を振った例のあの人のように女の嫌な部分が出たりするのだろうか。
あの人のような女を目指してきたはずなのに、女の心の残酷さや不可解さがだんだんわかってきた今、あの人のような女にはなりたくないとも考えてしまう。

最近「彼」は「彼女」化してきているように思える。
わたしよりホルモン剤の効き目が強いみたいだ。
これ以上変わらないよと言ってくれている「彼」は、本当は「彼女」になりたかったのではないか。
覚悟を持って女性ホルモンを使用しているMtFの仲間だったから……。

わたしの女性化について焦りは無いけれど、迷子になりかけているのではないかとだんだん気づいてまわりをキョロキョロしはじめているような落ち着かない気持ちなのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

久しぶりの釣りができたことによるリハビリ

先週の土曜はヒロがわたしの秘密の花園であるバーに行ってみたいといって、ほんとに来ちゃった。
翌日の釣りに合わせての前乗りなんだけどね。

自分の秘密を吐露できる場所に身内的な人を入れるのは気が進まないのだけれど、滅多に来られるもんじゃなし、バーテンダーとお客さんに余計なことは言うなと釘を刺して彼を迎えた。
「いい人でしたね」
と一番長いつきあいの長いバーテンダーくんが言っていたよ。
あとはその日に来られなかった若い女子達が「見たかった!ざんねーん」と言ってたけど知るか。

翌日の釣りはしっかり6時に合流してグンマへ。
接待釣りのような緊張感を持ちながら、わたし秘蔵の釣り場を案内する。
2017-06-04_2.jpg

数年前にはお昼ご飯までに上がれた一区画1.5kmほどが意外と毛針に反応があるものだから遅々として進まない。
のどが渇いて一休みしたときにgoogle MAPで位置を確かめると1/5しか進んでいない。
それからも釣れないけど反応はある。
たぶん5センチぐらいの子山女だろうと思いながら沢を登り、写真を撮り、久しぶりに今いるこの場所のことしか考えないという開放された時間を楽しめた。
あとで聞いたら、ヒロは「あと何回こうやって釣りに行けるだろう」とじんわりしていたそうだが、今このときを生きていればいいのだ。
2017-06-04_1.jpg

14時過ぎに予定よりかなりオーバーして上がり、食事をしたが、そのとき私は自らの不調に気づき始めていた。
身体が動かない
やばー、死にそうなほど体力使っちゃった
風邪引いてるのに空気が美味しいところでたばこ吸わなきゃもったいないと、ずっと葉巻レベルの強いヤツ吸ってたせいか。
咳も止まらないし身体は動かないし、首から肩が凝りすぎて頭がガンガン痛いし、元気なくてほんと申し訳なかった。

17時に家へ送ってもらって、そこからまだ遠いヒロの行程を思うと気が気では無かったが、すぐ寝て、翌朝の出勤時間まで起きられなかった。
月曜は打ち合わせがあったのでムリして出社したけど火曜は休んでしまった記憶がある。
弱すぎだーー

釣りに行ったのは3シーズン振りだった。
ずっとまえの秋に会社が東京に引っ越して、あの人との駆け引きが忙しく楽しく、釣りに行く仲間も海釣りに転向してしまって釣りを忘れていた。
釣りの話もあの人は興味深く聞いてはいたが、アウトドア大嫌いな人だったので話の種に釣りに行って報告することも無くなっていたんじゃないかな。
いろいろなコトやモノにあのひとが絡んでいる。
時間薬がジワジワ効いて、そこに追加の薬が入っているおかげで少しずつ苦しさが和らいでいる。
いまとなっては絶対どうにもならないものと割り切ってしまったはずなのに、PTSDはそんなこと関係なく意識下に残っているんだろうな。
もっとたくさん思うところはあったんだけど、忘れちゃった。

釣りって、一人でも楽しいけど、釣れたときに周りを見回して、魚を見せびらかして称え合うのも楽しい。
見せられた相手はくっそーって思ったりしてるかもしれないけどね。
それって人間関係みたいでもあるな。