FC2ブログ

蔦森樹氏の男でもなく女でもなくを読んだ

蔦森樹氏の「男でもなく女でもなく―新時代のアンドロジナスたちへ」を買った。
hiroさんのブログタイトルにもなっていて、また読みたいなぁ、なんて言ってたので、こっそり買って先に読んでやりましたw
この本は、1990年代のMtFを代表する内容だと聞き一度は読みたかった。
蔦森氏は男臭いバイク評論家で、ひげ面に大型バイクを駆っていたそうだが、ある日突然、ヒゲと肌の汚さにショックを受け、その場で剃り落としてしまい、女性化が始まったそうだ。
女性になりたいというTG面も時折みられるのだけど、本人は綺麗な自分を目指したとき、それが女性の姿だったと書いている。
フェミニズムの研究により、女性と男性の位置づけを深く理解し、最終的には男女差というものは、ただの偏りなのではないかと言っている。
男らしい男、女っぽい男、男っぽい女、女らしい女。地球上に二つだけの性があるという考えは理解しやすいところではあるが、マクロ的視点に立った場合、男女で切り分けられるものでは無いという考えに同感。
そして、蔦森氏が何度も聞かれた質問「どうして女性になろうとしたのですか」という答えが「この姿が好きだから」ということに行き着いたのはまさに私のようなTSで中途半端な気持ちに明快な答えを貰った気持ちだった。
MtF人生に踏み込んでからの氏の環境は何度も見て来た数々のブログ主の話と同じだった。
女性化が進まない焦り、配偶者との別れ、一人の生活になってからの落ち込み。
蔦森氏の文章はとても物事を難しく解釈し、正確に分析した長文となっていて、とても読みづらい。この文章と似た感じを知っている。
真希(ねこぽんねこ)さんが書かれていた「トランス感覚」というブログ。わたしが女性化を始める前、一番古い記事から全て読んたブログ。
http://nekoponneko.blog56.fc2.com/
GIDでMtFで最初の頃女性化がエスカレートして豊胸し、オンラインゲームで奥さんは彼氏をつくり、真希さんは女性キャラで彼氏を作り、最終的には奥さんはその彼氏と結婚することになって娘と二人暮らしを始める。
離婚前に真希さんはブロ友のMtFさんを家に住まわせて養女として四人暮らしを始め、奥さんが出て行ってからは三人の大黒柱として最初から居る会社で働いていた。
その後の三人の生活は複雑すぎて説明できない。
双方のブログがまだ残っていて、その更新は2012年で止まっている。
真希さんだけは別のブログで今年、生存報告をしていたのでホッとしたけど。

なにが言いたいのかというと
既婚MtFの人生ってみんなこうなっちゃうのか。
男として女性と結婚したあと、女性になりたいというのは、まだ若い夫婦であれば重大な裏切りになるだろう。
わたしみたいにもうセックスレスで、わたしに対してカネ持ってくる同居人ぐらいに思っているのならどうでもいいみたいだけど。
群馬の彼女とも1年前にセックスを封印した。
キスしても「唇やわらかい。女の子になっちゃってるねぇ」と言われて私は彼女の彼女扱いされている。
「女になっちゃったからキライになった?」と聞くと、「nonさんはnonさんだから一生かわらないよ」という返事。
配偶者じゃないから言える事かもしれないね。
わたしが女性装をしはじめたら、さすがの奥さんも娘達も非難して家を出て行けと言うと思う。
わたしのやりたいことが理解できない以前に、彼女らの迷惑になるからだ。
絶対的に女性にしか見えないのであれば、まさかあそこのパパとは思われないから大丈夫だとも思う。
しかしそれはもう無理な話で、社会生活ではヅカ男役に目標を定めている。
GIDでないMtFは気に入った服装が女性服であるぐらいの「本人の好きの実現」だと思う。
全裸が好きだとか、半ズボンが好きだというのも家族から反対されるよね。
それとおんなじ。

蔦森氏の本はhiroさんへプレゼントしたので無いけど、私はわたしの好きを探せばいいので、もう参考になる事は無いと思う。
単行本ですぐ読み終わるかと思って電車で読んでたけど、すぐ涙が出ちゃって中断していたので時間が掛かったなぁ。
2016-11-10book.jpg

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

パソコン死亡

だましだまし使って。一月から電源切らないようにして来たけど、今日ハングって仕方なくコンセントオフ。オン、死亡。
メールが1日500ぐらい届いてるのを消さなきゃならないのに。
やばい
iPhoneは画面小さくてなんもする気がしない。
ツイッターだけが頼りです。
あーめんどい

昔の自分と今のわたし?

下の娘が実家でごはん食べてて、BSの面白そうな番組見るついでに迎えに行った。
母は明日の成人式の前撮りにそなえて、昔の写真とか出してきた。
おねえちゃんの七五三の写真を見て、「パパ、いまの方が若いし」だって。
15年ぐらい前の家族写真。
肌の色も、髪の量も、痩せ方も貧弱な坊やって感じで貧乏パキスタン人みたいな……
男の人生は顔に出ると言われるけど。
途中で男をリタイアしたわたしの場合、これまでの顔かたちになにが追加されるのか、なにが引かれるのか。

他の写真もいくつか見たけど、わたしが映っているものは少ない。
自分の姿が全部キライで写真で見るのもイヤだった。
実際昔の写真見ても自分なんだけど、なにかが欠けている。
そう。
欠けて見えた。
なにかたりない。
目が死んでるw
死んだ魚のような痩せた水死体みたいな
過去の自分はほんとキライだ。
よくいままで生きて来られたもんだ。
実は自分の写真をまともに見られるようになったのはここ半年でしかない。
今なら自分を客観視してもまあ生きて見える。
いまのわたしは自分を好きだと言える。
私がやりたかった、なりたかったものになれそうだからかもしれないし、薬やメンテナンスによる偶然の産物なのかもしれない。
なれそうな気はするけども、やっぱり時間が足りないし理想の形を手に入れることはコスト面でも不可能だろう。
それでもいま、悔いが無い。

これから老いに負けて手も足も出なくなったとき、まだそんな気持ちでいられるかわからない。
客観視出来なくなってしまったらホルモンスターの出来上がりになっちゃう。
自分の変わってゆくカタチをみつめながら、「わたし」を保てるようにするにはどうしたらいいのかねぇ。



眠さMAX

デポー始めてから眠い。
よくそんな話は聞いていたけど、自分には無いと思っていた。
でも、昼前から午後3時頃までがほんと居眠りしちゃう。
注射のせいなのかなぁ
ほんとかなぁ
最近アーモンドチョコとセンベイをばりばり仕事中に食べてたらやっと1キロ増えたよ!
63キロ
65ぐらいないと痩せすぎてかっこわるいのでがんばっている。
今までは腹や腰に肉が付いてたのだけれど、ウォーキングのおかげで、ちょっとあるいても筋肉を効率よく使ってすぐに温まる身体になってきたせいか、へんな太り方をしないみたい。
すばらすぃー
あとは中性脂肪だな
絶対増えてる自信ある
死ぬー

土日ぐらい

じーーーっくり休みたい

土曜はデポー行って、帰ってきたら眠くなって夕方まで寝て、ごはん作って食べたらまた6時ぐらいから寝て夜中の2時に目が覚めた。
なんか悪夢ばっかり見る
日曜は娘の買い物に付き合うはずが起きてこないのでケンカになってもう行かない!!ってわたしが言って、実家に犬を連れて避難した。
夕方帰ってきたらもう一人の娘に頼まれてしまむら。
クルマで待ってて、お金払うときだけ店内。
晩ご飯はいなり寿司とカップヌードル。

なにもかも不健康過ぎる

身体は大事にね

最近のわたしの不調が死にとても近いことを知った。

色々な前兆現象が身体に起きて、だいたい想定はついてたんだ。
「心筋梗塞」
こんなの年寄りの罹る病気だと思っていたけど、まあ、そろそろ気にする年頃だよね。
直近の検査結果でほとんどのデータは正常なのに、中性脂肪だけが毎回上がっていっていまは250。正常値が30~150なので要精密検査になっている。
血栓体質になっているのは間違いないので、その血栓が心臓周りの血管を塞ぐと、会社帰りの上野駅で左の肩甲骨の裏側が攣ったように痛んで息も苦しくてうずくまりたくなるようになる。のではないか
そんな前兆が起きると1週間ぐらいで本格的な心筋梗塞が発生して倒れるらしい。
もう二週間経ったから大丈夫だとは思うけど。
いままで健康だったので、命に関わる病気の可能性に、実は少しだけココロが弾んだ。
病気でポックリ死ねるかもって。
保険金は下りるし、住宅ローンも完済される。
やり残したことも……無いと言えば無い。
ただ、死ぬと後を追うって言う人がいるのでそれが心配だね。
死はロマンチックなものではなく、論理的なもので、スイッチが切られる事だと思う。
そんなものに後追いなんて無駄だ。
残された方はたまったもんじゃないだろうけど、時間が経てば自動的に死ぬ。

まあね、もう少し自分の変化も見てみたいし、終活もしていないのでがんばるよ。
またナットウキナーゼを飲み始めて、アスピリン様の効果があるバファリンを半錠飲み始めた。
もうこれで大丈夫。
というのも心配なので、折を見て循環器科を受診してみたい。

そんなことが気になった夜にヒロさんとたーさんと三人で新宿飲みだったのだ。
たーさんは終始楽しそうだったし、それを見ている私も楽しかった。
ヒロさんとたーさんが並ぶとなんとなく私より年上に感じてしまって、大きいしね。
あとからヒロさんに「なんか気を遣って無かった?」と言われて、あーえーおーそぅだったのかな。そうだったのかもって思い当たる節が無くも無い。

でもみんな楽しく笑えていればいいのだ

ブログばれを防ぐには

MtFブログ、女装ブログを書いている方は、アクセス数って増えて嬉しい反面、知り合いに見つかったらどうしようという不安を抱えていると思います。
同類の友達が増えるとその不安は薄まり、露出度が上がってゆきます。
人の事は言えない。私もブロ友に見せたくて写真載せて自己開示をしてきた。
偶然ブログ村から性同一性障害の記事をハッケンして更にランキング上位にいる知り合いを見つけると言うことはあり得ますが、能動的に探さなければ特定するには至らないのでは無いでしょうか。
見つけられてもシラを切り通す。
そのためには、
・住んでいる地域を絞らない
・名前を晒さない
・特徴ある持ち物を載せない
・家族構成やペットを晒さない
・もちろん自分の写真を載せない
といった掲載内容に注意する方法がありますが、上記を外した記事はどんなやつがやっているのか分かりづらく、友達も作りづらいと思われます。

ツール側からの防衛策として、
・マイナーブログを使う
・更新Pingを飛ばす場所を絞る
・アダルトブログを使う
・ロボット検索エンジンに拾われづらくするためのタグを入れる
方法があります。
アメーバブログはユーザー数とpingの飛ばし先が異常に多いのでロボットからのアクセスの方がニンゲンより多いと有名ですが、あらゆるところにブログが晒されますので注意が必要です。

私のFC2ブログのアダルト版は、会社からまずFC2自体がアクセス禁止対象になっていたりしますので基本的にヤバイ人が使っているところだから近づかない。ウイルスでも入ったらやだし。ぐらい企業から嫌われています。

検索エンジンに拾われづらくするタグといっても、<head> エリアに<meta name=”robots” content=”none”> (←全角なのでこれ入れてもだめよ) を入れるぐらいのことですが、気休めにはなるかと。
FC2の公式マニュアルにありましたね「検索エンジンに拾われにくくする方法

会社や近所の人にバレたら困ることしか書いてないので困りますw
もし見つけても穏便にね(はぁと)

女性ホルモン注射に移行したよ

あれほど探していたデポーやってくれるところ、毎日使って居る駅で巨大な看板を見ていたよー。
心療内科で探していたから見つからなかったのだけど、美容エステサロンならあるじゃんね。

そこは本店がクリニック併用してて、メニューに女性ホルモン注射というのがあった。
ペラニンデポー10mgで1回2000円。10回セットだと17000円。当然セット割を選んだよ。
隣の駅なんだけど、そんなに遠くない。10分で着いてしまった。
2016-11-051.jpg

あぁ、やっぱり女性専科って感じ。
受付あるけど、入り口に女性が立っていて、名前を告げると「お待ちしておりました」って仕切りの付いた椅子に案内される。
まずはカウンセリング室でアンケートみたいなの取って、次は先生の診察。
これといってデメリットとか説明されず、やりたいことだけ聞き出されて、またカウンセリング室へ。
どうしてやりたいと思ったのですかなどという質問が無いのですよ。
すなわち自由診療。
カウンセリングは綺麗にしたいところはどこですか?というものが中心でした。
どれも気になってしまうがー お金が無い

とりあえず10回セットと、初診料をカードで払って、同意書にサイン。
2016-11-052.jpg

いきなり注射器持ってくるのね。
ちょっとびびった。
肩にぶっさすらしい。
血を抜かれるのは得意なんだけど、薬を入れるとなると、筋肉を割り開いて薬剤がメリメリと入ってくる事を想像してしまい、超コワイんだこれが。
カウンセリングしてくれた女性が「いきますっ」とか言ってぶっすり。
「薬入れますっ」とかいちいちいわんでえーーわ
想像がたくましくなるわ

そんなわけでこれから毎週行くことになりました。
待ち時間が無いのがいいね。
でも効くのかな
あらゆる薬を駆逐してしまう自分のからだ。
注射は違うかもという期待もあり、またまったく効かないんじゃないかという不安もアリ。