FC2ブログ

また落ち込むし

最近少しは失恋の痛手が癒えてきたような気がしていた。
土日には五六回しかうわーてならなかったし。
今日は月曜、月末最後の1日ということもあり、忙しく働きあのひとの事は気にならなかった。
五時半にフロア入り口でバッタリ。
その場はおつかれさまっす!と声をかけ、席に着いた。
そういえばあのひとはまた怪訝そうな顔しておつかれさまですって小さな声で言ってたな。
やるせなす!
会社辞めるしかないのかこの状態から逃れるには。
実際いま探してはいるけど、ミドル転職は危険だよな。
奴らが別れたらあのひとは会社を辞めると思う。
それまで自分のココロが保たれているのだろうか。

帰り道の交差点で、理解者の部下パートさんが立っていた。先に帰ったはずなのに。
なんか話でもあるのかと思ったら最近気になりだした男性と待ち合わせだってさ
口惜しや……

ココロがこれだけ弱っていたら身体も発達しないよね。
体重は60キロになってしまった。もうじき半年で10キロダイエット達成!
痩せたいわけじゃないのにさ。
女性ホルモンの影響とかもあるのかね。
重い筋肉が無くなってゆくからとか。
また呑みに行こう。
強いやつが欲しい、
酒も信じられないくらい弱くなってしまって安上がりでいいわ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

家族で一番自分に近い娘

2016-01-04.jpg
はしたない姿で寝ていますが、この娘は既に手術済み。
1歳過ぎに胸が膨らみ始め、生理も。手術後は胸の膨らみも無くなってしまいました。
家族みんな女性で、私とこの娘は?どっちなんだろね

ボーダーコリーって柴犬ぐらいかと思っていたんだけど、こんな大きくなると思っていなかったので結構存在感が大きすぎますが、もう外に出すなんて考えられませんね。
一番私に懐いていて、一番私の話を聞いてくれる。
猫はずっと飼っていたのだけれど、まさか犬がこんなかわいいと思ってなかったですね。
土日はずっと私の側から離れません。
平日は一人で寂しいんだろうな。
悲しいときにこの娘とくっついて寝ると、本当に人と居るみたいに癒されます。

わかんないよね~て言いながら会話wしていますが、どうなんだろう。
私の匂いが最近変わってきたなとか、元気が無いのは何でだろうぐらいのことは気付いているのかな。
土日はチェロとこの娘とキャッキャウフフすることだけが楽しみになってしまいました。

アニメ三昧

ハルチカ

土日は撮りためていたアニメを消化。
定番のGATE、おしえてギャル子ちゃん、このすば、だがしかし、ディメンションW、灰と幻想のグリムガル、あたりは見ていたのだけど、撮ったままあとまわしにしていた「ハルチカ~ハルタとチカは青春する~」を見てみてた。
高校の吹奏楽部モノかと思ったらあのえるたそ~で有名な「氷菓」のように推理系だった。
なにこれおもしろい
でもやつらのアンサンブル見てると嫉妬する

バーのマスターはなぜネクタイをしめているのか

優しい文章で気持ちの良い読後感のある渋谷のボサノヴァバーのマスターが書いた本。
勉強になったー
説客やりたいな。
医者相手のクレーム処理もやって会話だけで人を操れると思っていた自分はまだまだだった。
リアルに人と接する仕事は怖い印象があったのだけれど、自分の店を守るために嫌いな客を追い払う勇気があれば出来るかも。

Yahooニュースに出てた北新地のホステス業界が出したホステスさんの心得小冊子が、なかなかアクセスできなかったんだけど、無理やりPDFを取り込んで会社で製本してみた。
内容は素晴らしいの一言。
仕事中の女らしさに限らず、普段の生活に至るまで美しく生きなければ女っぷりは上がらないとか書かれていて、こういう女と付き合うべきだなと改めて思いました。

うーん
接客業やってみたい



グダグダ〜

昨日はチェロレッスンのはずが終業時間間近にはダウン寸前で、レッスンを一週ずらして貰いました。
早寝したのに朝起きられず、心配した座敷犬が枕を奪ってそれを使って私の顔面をバンバン叩くという強烈な目覚ましをかましてくれました。
でも会社は二時間遅れで出社。
さて仕事するかと構えた時に、あのひとの不倫相手が後ろの人となんか話し始めてイラッと。
コンビニ行ったら仲のいいパートさんをナンパした既婚者と始めて鉢合わせ。
ココス行けばラブライブフェアで混んでるし
最近身体の変化を感じられ無いし
なんというか、明日が見えなくなってしまった感じ。
なんなんこれ
これがdown系?

漠然とした不安感
呆然とした保安官w

なんとなく病み始めている……のかな。
それに気づいているから大丈夫だな。
毎日体重も上下して安定しないし、食事をしない時も増えている。

今夜もバーで呑んでる時に新聞社からの電話取材があってストレスを感じない技とかはなしてる。
自分制御すらできてないくせにね。

もう一杯、ダブル呑んで帰ろう

習い事に逃避?

昨日はウォーキン●でした。
かっこいい歩き方のヒントが満載であっというまの時間でした。
終わってからみんなで呑んで喋って。
気付けば深夜0時。急いで先生を帰し、私は家に帰って秘密アルバイトのメールチェック。
その処理をしていたら午前3時。
まだ月曜の夜だっていうのに。
今朝はまた運動不足の結果が全身に出ていて、会社休みたい状態。
午前中はがんばって数分しか居眠りしませんでした。
古い書類と新しい書類の違いを見極めなきゃ……zzz
昨夜なにも食べずに呑んでいたのでお腹もすき、ココスでランチご飯大盛り!
午後はまた書類作成です。

今夜はチェロのレッスンだというのに腕が上がらないんじゃないかと不安です。
土日練習たくさんして少しは曲っぽく聞こえるようになったのだけれど、先生の前だとかっこつけた弾き方ができなくなってしまい固い音になっちゃう。
こんなところでつまずいている場合じゃないんだけど。
時々あのひとの事を思い出してしまうと、チェロへのモチベーションが下がってしまいます。
本当はあのひととアンサンブルしたかった。
もう絶対に叶えられない事だけどね。
どこかのオーケストラにでも入ったら一緒に弾くこともあるかもしれないね。
あのひとにおしえてもらった楽しさを、別れてから始めるなんて自殺行為だよなぁ。
不思議なことに練習中はまったく思い出さないんだよなぁ。
レッスンの帰りとかに思い出したりしてクルマのスピードが上がってしまう。
少し前まではこのままどこかにぶつかって死んじゃってもいいかもなんて危険な考えもあったりしたけど、今はそんなでもない。
(ちなみにfubukiはチェロの名前です)

早くなにもかも上達したい。
今の自分と違う世界に飛び込むために。
まあ、そうそう人って変わらないけどね。
なにかやってないとだめになってしまいそうなんですよ。

失恋カテゴリはキツイ

にほんブログ村の失恋カテゴリを知り、いくつかのブログを見てまわったおかげで鬱になりました。
特に社内恋愛からのはっきりしない別れを喰らったOLさんの日記は突き刺さる。
オトコもオンナも同じ苦しみを味わうんだなあ。
昨夜から読み続け、今朝電車で最新日記にたどり着きました。
が、この女性、あぶない。また社内恋愛しそう。
気持ちはわかります。とにかく寂しくて自分を求めてくれるなら誰でも良くなる。
しばらくは前の想いびとと比べてしまい、ますます悲しい顔をして、そしてまた振られて本当に社内に居場所が無くなる。
ハラハラする。
日記を読んでいて、フラれた側の女性が、社内で彼に会うことを極力避け、見てしまうと思い出してしまいつらいのは自分と同じ、
私を振ったあのひとがそういう態度なのは何故なんだ。
彼女は私の事なんか完全に気の無い相手。自分を棄て、不倫に走った事を恥じて?ただ、好きの裏返しで憎く思ってホント顔も見たくないの?
社内恋愛の破局は友達にも戻れない修羅の道。離れていれば忘れる事も出来るのに。
私は3カ月経ってやっとあのひとのLINEを拒否して削除できた。
スマホやパソコンに残る写真、LINEで見せた写真、千枚近くあったけどどれもどんな会話をしながら送ったか覚えていてつらかった。
2014年から2015年の写真はほとんど無くなった。
スマホだってあのひととLINEするために買ったんだった。
好きだったな。
禁煙の話も皆さんのブログに書かれていて、この気持ちのまま禁煙したら気が狂う。
ほんとそうだった。
昨年8月から二回禁煙に挑み、あのひとへの焦燥感で中断。
意志が弱ってる時に禁煙はむりだったよ。
今日月曜。午前からあのひとが斜め前のLINEで三人繋がっていたもう一人の女友達の席に来て私に姿を見せないよう座り込んではなしをしていた。
髪を切ってやっぱり失敗だったみたい。
見えてしまったよ。

自分のジェンダーがわからない症状

先日一人でバーで静かに酒を呑んで考え事をしていました。
その日、自分が男か女か判らないという事に気付いたのです。
男性の身体でありながら、もう生殖機能は無く、乳房もあるけど、ビシッとしたサラリーマンの姿で生活している自分。
あれれ?というちょっとした違和感、記憶喪失みたいな

男も女も、自分は男の性別で男の心だなと意識しながら毎日を送っているわけではなく、自然に社会的な性別を身につけてそのような振る舞いをしています。
男は男らしく、女は女らしく
年齢のせいでしょうか、自分の男らしさってどっかで発揮したことあったか?
平均年齢が高い会社組織に長くいたせいでしょうか、男も女も会議では関係無く発言するし、お飾りのカワイイ新入社員なんていません。
自分が会社でおこなう行動は、男らしく発言することや決断をすることではなく、男女関係無く、性別を定義する必要の無い「会社人間」としての発言をしているにすぎないのではないか。
「会社人間」は家に帰ってからのSEXの時だけ、性別に気がつくのでは無いでしょうか。
最近の私には、男性らしい行動をする機会が無いわけです。

男だって東京のおしゃれな店で美味しそうなケーキを食べたい。
行動に移すときだけ、社会的にどう見られるかの懸念から女性が好みそうな店に一人では行かない。
女性化したり、フラれたりして少し社会から逃げていた自分は、自分を好きになる事でココロを安定させようとしています。
その弊害?なのか、自分が楽しみたい事は自分にさせてあげたいという気持ちが高まっています。
ケーキ食べたいし。

人のことを考えて、その相手から投影された自分の姿がどう見えるだろうかという考えが、自分のジェンダーを形作るのではないかと思います。
体は関係無いのです。
男性の体を持って生まれた子供を、女性として育てる世界があったとしたら、それはきっと違和感を感じないこの世界と同じものとなるでしょう。GIDもあるでしょう。
人は社会性によって成長し、一人では生きられないのは、投影された性自認に基づいた行動や付き合いをしないと、性自認が曖昧になってしまうのではないかとも。
最近のその、自分の性自認ってどっちだったかな?という違和感は一過性かもしれないし、本当は性自認なんて幻想なのかもしれません。


書くことの功罪

私は昔から文章を書くことが好きで、同人的な小説サイトも運営していました。
自分の中にある経験や知識、感想を構成し一つの形になることがとても楽しかったのです。
その頃は仕事と趣味に没頭し、恋愛的な発展はどこにもありませんでした。
それが、あのひととLINEで話し始めてから文章が書けなくなりました。
短文によるコミュニケーションは私には合わなかったのかもしれません。
でもそれに頼った付き合いが中心となり、長い文章を書いたら変な人と思われるかなとか、短くても意味が伝わる言葉を選ぼうとかいつも考えながら会話をしていたように思います。
LINEでの関係はとても良好で、二人はどんどん心を開いて子供の頃のトラウマや、普段の生活で社内では聞けないプライベートまで話していました。
それだけ繋がっていたのにね。

LINE会話して、彼女とのことで発展があったり、楽しかった事はEvernoteに書きためていました。
フラれてから私はEvernoteの過去の思いを見てしまいました。

大ショック
涙が零れました。

xx月xx日
「いつもは女らしい事を言わない彼女が、おやすみーのメッセの時、明日もがんばってね!て言ってくれた。
ものすごくかわいい、嬉しくて眠れない」

なんて書かれていて、それを書いたことも忘れていた。
いきなり飛び込んてきたその時の想いが蘇ってしまった。

文章にして厭な事を書くと忘れられるタチだと想っていたので、そろそろ書いて忘れたいと想っていた矢先のフラッシュバックでした。
またしばらく文章というモノが書けなくなってしまいました。

厭な事を書いて忘れる事が出来るけど、その際は書いた後捨てていました。
そうすることで忘れる事が出来ました。
しかし、嬉しかったこと、楽しかった事を書いておくと、普通捨てませんからあとで発見してしまう事もあるわけです。
今やっとたくさんのしがらみから離れたこのFC2ブログをはじめて、嫌な想いを書き捨てています。
少し気持ちが落ち着き、あの人の夢を見なくなりました。
でも会社で見掛けたりしたらまたぶり返すんだろうけど。

忘れたくて書くなら厭な事を。忘れたくないなら楽しかった事を。

髪切られた

前髪が両目に掛かるほど伸びていたのです。
これも、ダテ眼鏡も、全部社内であの女を目の端で捕らえることの無いようにするためでした。
実際功を奏して、声が聞こえなければヤツの気配に気付くことも無く、同じ社内といえども鉢合わせ以外で見てしまうことは無かったのです。
金曜の夜に郵便物を取りに実家に行ったところ、父から「おまえそんなに前髪伸ばしてるのか」
正月は既にこの姿だったんだけどな。
「いつもバーで一緒に呑んでるという男、コレじゃないのか、気をつけろよ、そーゆーやつらはずっとついて回って怖いんだからな!」
コレと言う時、右手を左頬に当てるいわゆる古いオカマの仕草。
もうだめ。この人ボケでる。
あんたの息子の方がソレに近いかもよ。
母親からは、「ほんっとみっともない!明日切ってやるから来な!」
うちはパーマ屋なんです。
一度も家以外の床屋や美容室に行ったこと無いのですが、80近い母、あと何回息子の髪を切れるのかなあとか考えているんじゃないかと思って切らせています。
家に帰ってそんな話を娘にしていたら、妻が「ほんと変だよ」と。
娘は「切らないでパーマかければいいじゃん、せっかくこんなに生えたんだからもったいないよ」
(笑)
薄毛だった頃から比べたら、娘としては今の方がいいという考えのようでした。
とはいえ、切る事に関して心の準備ができていません。
でも地毛でどこまで中性化できるかというとその自信もありませんでした。
仕方なく、本日午後に実家へ行き、母に聞いてみました。
「切らずにパーマでどうにかすることは出来ないの?」
「もう髪の毛のボリュームがそんなにあるわけじゃないのにパーマかけたら、全体的にボワッと立ち上がって薄いところが目立つよ」
というわけで、おもいきって注文を一切せずに好きに切らせてみました。
ついでにもみあげも薄めにしてもらい今や前がよく見える。

私には別の考えがありました。
ウイッグという手があるじゃないか。

月曜に会社で嫌なモノが見えるようになるかも知れません。
それでもなんか変なふうに誤解をはじめそうな実家の両親、妻の不満解消のために髪を切りました。
もしかしたら、少しココロが休まってきているのかもしれないです。
もしかしたら月曜にまた重症化するかもしれないです。