FC2ブログ

自分のこと 嘘ばっかり

MtoFの真季さんが書いていたブログを一番古い記事から読み直しています。
ブログを閉めますの記事からもうかなりの年が経っています。
「トランス感覚」というブログです。
すごい文章量と更新回数に苦労していますが、通勤時間の往復にずっと読み続けています。
1年前に読んだときとまったく印象が変わりました。
自分が変わったからかな
それにしても似ている。
自分の考え方、思い立ったが!の行動が多いことなど。
家族構成も
かなり読み進み、でもまだ一年分は読んでいないけど、今日驚くべき記事をみつけました。
バイセクシャルで真性M
どきっとしました
私は幼稚園時代から女性週刊誌のSM記事に興奮し、全裸オナニーもしていました。
先日亡くなった小学四年生男子の死因も思い当たることがあります。
自分の身体を女性に見立てての自縛。
お尻に針を刺したり、蝋を浴びたり、アナルに異物挿入までありました。
あらゆる自虐をおこないましたが、それはお相手の女性がいなかったから……
そう言い聞かせて、大人になってから女性を縛り、時には男性も縛りました。
女性の身体に針を刺したり、ニップルピアスを付けさせるようなプレイまでおこないましたが、実は自分、あまり楽しく感じなかったのです。
面倒くさい
たくさん考えなきゃならないことがある
興奮より冷静になってしまう
その先に射精は繋がりませんでした。
それも自分のプレイの組み立て方に問題があったのだろうと、『やり方』に対しての反省を毎回していました。
私はバイではありませんが、どうやら真性Mでした。
自分の身体が好きで、その大事な身体が虐められる想像に興奮していただけです。
S関係の知り合い達も実はわたしの性癖に気付いていたようでした。
対外的にはS界の文章書きでしたが、それは私自身を女性にし、モデルにしていたのです。
真季さんのブログではGID(性同一性障害)のお墨付きを欲しがっていました。
そのため、子供の頃からの父親との確執、オトコのくせに、男らしく、長男といったキーワードがたくさん見られます。
でも私にはわかります。
そうだからこうなったという理由付けに父親を使っていたと思うのです。
私も子供の頃、河原で拾ったSM雑誌が父に見つかった時、近くにあった棒で激しく叩かれました。
もちろん性的興奮などありません。
父は80近いですがまだ私より元気で、ヤツが死んだとき、私はひとつ上に上がれる気がしているくらいです。
自分がこのたび女性化している理由付けにきっと父を使うでしょう。
GIDの診断が勤め先に必要とあらば、父を悪人に仕立て上げてずっと違うと感じていたと言うでしょう。
結局わたしは自分だけが好きで、わがままで、実は大人になっていない部分を残しているハンパものなのだろうと思います。
家族がいるのに、外に出られなくなるかも知れない
温泉にも入りづらい
そんな父親はだれだっていやでしょうし気持ち悪い
自分を客観的に見られなくなったとき、わたしは狂ったと言えるでしょう。
いま49歳を迎えようとしています。
でも心や外見は30代と思っていましたが、それすら狂気なのかもしれません。
自分が子供の時の父の年齢はとてつもなく離れたものでした・
年寄りにはなんにもわからないよ!と思っていました
そのトシになっているにも関わらず、そう思った自分も忘れ若い気持ちでいる、若くなりたいと願う自分は娘から見たらどう映るのでしょうか
わたし、私、自分と自らを表現する言葉が錯綜しています。
わたしは女性的感覚、私はかっこつけ、自分は客観視
この日記だけでも己を3つに分離しています。
今は特に真季さんのブログに影響され、不安の増大、期待の増大が激しく心が安定していません。
そのためでしょうかね
真季さんと同じ苦しみを味わう時が来るのでしょうか
3年女性ホルモンを続けていたら自分の外見も変わるでしょう。
その時には50歳。節目ということもあり、そこで一旦立ち止まる予定です。
でも、お金があったら
たぶん先走った行動に出てしまうことでしょう
豊胸や去勢、脱毛もやってみたいことです
妻は私に関心がありません
胸は85Aですが、気付いていたそうです。
先日とてもへこみ、鬱病手前の抑鬱状態になりました。
布団で妻と寝ていたときに聞きました。
もう会社もいやだし、この家もいやだし、男でいることもいやになっちゃった。僕が離婚したいって行ったらどう思うの?
困る?悲しい?
その答えは「どっちもあるよ……」でした。
嘘つきな妻です。

スポンサーサイト
[PR]
[PR]

バーで男性にモテました

いつものバーに行ったら、仲の良い常連さんが男同士で呑んでいました。
私は一つ空けて座っていたのですが、友達の友達らしき人が私に話しかけてきました。
いい男ですねぇ、モテるでしょ~、指長くて綺麗ですねえ、そんな色男なら奥さんも美人なんでしょうねぇ

ちょっと身の危険を感じつつ色々話をしましたが、私と同じぐらいの年でした。
彼は私のことを30代と思っていたようで、本音、うれしい。
オトコにばっかりモテる自分、いつかバイになっても心が安まるときが来たりするのでしょうか

せつない


電車の中、谷山浩子さんの歌を聴いていて涙が出てしまいました。


スキという気持ちはただのワガママ
だからそうさ 誰にも知られないように
何もないふりして きみと話してる
言葉と笑顔で嘘を重ねてる

トモダチとトモダチと呪文のように
繰り返す ひとりの夜更けの部屋の中
そんな言葉には 何の力もなく
言えないひとことが 部屋を埋めつくす
ボクハキミガスキ

なにも手につかなくて きみの住んでる
街の中ひとりで うろつき歩いた
百年歩いても きみには逢えない
見知らぬ人たちで 街は樹海になる

ぼくはもう目の前のビルのネオンの
あの赤い模様になってしまいたい
どんなに願っても きみには逢えない
こうして今ぼくが生きていることさえ
きみにとっては たいした意昧がない
ボクハキミガスキ

きみときみのコイビトが笑って手をふる
ぼくも手をふり返しそのまま駆けだして
後ろも見ないで 家に帰るふりで
路地裏の壁に 背中をぶつけてる
ぽく|ままるでポケットにおこめられた
鳩のように身動きもできずもがいてる
誰にも言えない きみにも言えない
きみは気づかない ずっと気づかない
たとえ気づいてもどうしようもない

ボクハキミガスキ
ボクハキミガスキ

書き始めます

GIDの診断をされたわけでも無いのに自己判断で女性ホルモンを使用しています。
それが関係するのか、色々な変化や考えが生まれてきて
記録として残してみたくなりました。
人に見せるものでは無い文言が並ぶと思いますが、もし訪れる方がいらっしゃいましたら「へー」ぐらいに思ってスルーして下さいますと助かります。

今日より以前の記事は、日記を読み返しながらの記録として書いています。
読みづらいなぁ