FC2ブログ

昔の自分と今のわたし?

下の娘が実家でごはん食べてて、BSの面白そうな番組見るついでに迎えに行った。
母は明日の成人式の前撮りにそなえて、昔の写真とか出してきた。
おねえちゃんの七五三の写真を見て、「パパ、いまの方が若いし」だって。
15年ぐらい前の家族写真。
肌の色も、髪の量も、痩せ方も貧弱な坊やって感じで貧乏パキスタン人みたいな……
男の人生は顔に出ると言われるけど。
途中で男をリタイアしたわたしの場合、これまでの顔かたちになにが追加されるのか、なにが引かれるのか。

他の写真もいくつか見たけど、わたしが映っているものは少ない。
自分の姿が全部キライで写真で見るのもイヤだった。
実際昔の写真見ても自分なんだけど、なにかが欠けている。
そう。
欠けて見えた。
なにかたりない。
目が死んでるw
死んだ魚のような痩せた水死体みたいな
過去の自分はほんとキライだ。
よくいままで生きて来られたもんだ。
実は自分の写真をまともに見られるようになったのはここ半年でしかない。
今なら自分を客観視してもまあ生きて見える。
いまのわたしは自分を好きだと言える。
私がやりたかった、なりたかったものになれそうだからかもしれないし、薬やメンテナンスによる偶然の産物なのかもしれない。
なれそうな気はするけども、やっぱり時間が足りないし理想の形を手に入れることはコスト面でも不可能だろう。
それでもいま、悔いが無い。

これから老いに負けて手も足も出なくなったとき、まだそんな気持ちでいられるかわからない。
客観視出来なくなってしまったらホルモンスターの出来上がりになっちゃう。
自分の変わってゆくカタチをみつめながら、「わたし」を保てるようにするにはどうしたらいいのかねぇ。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

下がりそうなの食い止める

なんか体調わる〜
昨夜もウイスキー一杯しか飲めなかった。
左の肺のあたりがビシービシーて痛い
肋間神経痛かも
乳腺じゃないね。
テレビの話があったけど、企画が変わってボツになるみたい。
貴重な収入がぁ
珍しくメジャーだったから楽しみにしてたんだけどね。
Zの付く朝番組w
社内では言わないつもりだった。
あの人がいつも見ている番組だった。
反応が知りたかった。
会社で会ってしまった。
痛みが心臓まで広がってきたみたい!
だーーー!

新しい恋を探したいと思っても、代理で人を好きになるのは失礼だし。
世間的には浮気だけどもさ。
心の中での姦淫や浮気や憧れは罪にならないんだよ。
実際に関係を持ったとしても、絶対に知られなければいいのだ。
これといって良い話はないですけれども。

一年の停滞がさ、
テレビでなんか変わるんじゃないかと期待していた分落ち込む。
プロデューサーさんには気にしないでまた使ってねと話したけど。
がくーってした


わたしには価値が無いと思うとき

わたしには価値が無い
という気持ちに囚われる事がよくあります。
そのあと、生きていてもしかたないとは考えずに、いくらで売れるのだろうと考えるのはヘンですか?
あぁ、ヘンですね。
価値が無いのに金額付くわけないわ。じゃまぁヤフオクなら売れるかもしれないっていう話ですすめよう。

食肉にしてもまったく美味しそうじゃ無いから売れないかぁとか
臓器売り用のパーツになっても色々古くなってるし使えるの心臓と角膜と腎臓ぐらいだなとか
私が持っている技術や知識……なら欲しいと言ってくれる会社に就職すればいい話だし
性欲を吐き出されるだけの肉奴隷とか。男の身体じゃ……ねぇ。なつかしいなこういう言葉入力するの久しぶりだwwwwww エロく感じないwww

価値ってお金に換金できるものだと考えてしまうのは私の心が浅ましいのかもしれないね。
マスゾエってるってやつ。世界に轟く浅ましさの極地を表す言葉になったなー

中学時代、男に身体売るとしたらいくらならやる?って話して、一億もらったってやだよっと言っていた私。
今なら、「1万2千円ぐらい?H代別で」などと具体的な金額を提示してしまいそうなくらい自己評価が下がっている。

いつでもどん底というわけでも無いのです。
株価のように自己評価は常に変動しています。
自尊心が満たされれば高値を付けるけど、普段は監理銘柄行きスレスレの低価格でピクピクしている。
自分の価値を認められるというイベントはそうやってこない。
本を出版して、メディアに色々出て、その時だけ一瞬の喜びはあったけれど、常にその上のレベルで認められ続けなければ、私の場合だけかもしれないけど、飽きちゃうのです。
その道の超プロで、第一人者になれるはずの道筋があるのに、その一つだけに特化するのが大嫌い。
オナホ職人の朝は早いというNHKのドキュメンタリーとかあったけど、あーゆーのは見てすごいなと思っても、私の心はそれを受け入れられない。
例えば、医師免許を持っていたとしても一生医者を続けるなんて気が狂いそう。
医師として地域に認められたら、更に上に認められなくちゃいやだし、そうすると一生掛けて最高の医師になる努力や研究を続けなきゃならない。
早くに折れないと一生を棒に振る気がしてひとつの事を突き詰めた事が無いのです。
プロ並と呼ばれたらそこで満足して次に行っちゃうのね。
プロはそれで喰って行けてる人のことでしょ、私は以上のことからプロと呼べるスキルが無いのです。
色々な事を広く浅くプロ並みにお金取ったりもしたけど、本物じゃ無いなと自分で分かってるから安くしたり、なあなあですませたり。
このままでいいのかなぁなんてこのトシで言ってたらバカだし。
あ、そうだ。年齢詐称しよう。本当は40才ですって。
それでもすげーイイトシだよね。
40って言っても初めて会った人には驚かれるから35ぐらいに詐称しちゃおう
そうすれば少しは高く売れるかな

ちょーーーーー虚しい
一人高速道を走っていて、新潟まで200kmとか書かれていると、
「時速200kmで1時間だから400キロで30分で着くのか。800キロなら15分だよすげえ、1600キロ出しちゃったら7分30秒とかありえねーー」
という独り言みたいに虚しい。

「誰かわたしを買って、わたしを認めて。わたしを抱きしめて、わたしを飽きずに愛して」
というのが本音なんだろうなと
この結論にたどり着きました。

Self-repair Complete...

考え方を変えないと潰れる

例のあの人の事
今日、斜め向いのもう一人の絶縁女の席に来て楽しそうに話していた。
私が昨日送ってやった塩にはノーコメントですか。
目も合わせなかったけどね。
私はなんで彼女を見ると落ち込むのか。
まだ好きだから

好きでいられる理由は無い

幻想の彼女が好き

狂ってる私

だから落ち込むのか。
あの人を見たときに、実は嬉しく感じている。
それを許さない自分がいる。
嫌いに変換することができない。
いっそ嫌いな人になればムカムカしたとしても自分はおちこまないよね。

考えつかないな
どうしたら感情を変化させることができるのか
会わなければ忘れられるのに。
すれ違っただけで、また一から忘れ時間スタート。

自分にでも恋愛してみようかな。
以前より、自分が気になりだしてる。
これって恋の予感!
うん
狂ってるぅ〜

誘える友達か……

パートさんとこんな会話をした。といってもチャットで。
彼女と直接の会話はもうしばらくしていない。

パートさんがこんどビアガーデンに意中の男友達と行くらしい。
私とは無駄な飲み会はしたくないから行かないんですって。
ここの店ですよって送られたURLから見てみると美味しそうだし小綺麗だし、行ってみたい。
「いいなぁ、しばらく行ってないなぁ、ビアガーデンに最大でも4人ぐらいのグループで行ったら楽しいだろうね」
「ノンちゃんも友達に誘われるの待ってないで自分から誘ったらいいんですよ」
「何ヶ月か前に親友と呑み行く約束したら当日仕事入ったとかで、そのまま彼からのお誘いまちなんだよね」
「そのあと、行きたかったらしつこくこんどいつ行くのってメールしなきゃだめですって、他にも近場に友達いるでしょ」
「……よく考えたら自分から誘える友達いなかったよ!驚いたね。誰も思い浮かばないんだ」

以前AV業界にいたときは、自分が運営している巨大サイトに惹かれてか、男も女も自分とアポを取りたがって、毎日飲み会のスケジュール調整が大変だった。一般人に戻ったら、残ったのは二三人だった。
彼らも忙しいし遠方なのでFacebookでの交流ぐらいになっちゃってる。
昔の会社の同僚は残っているけど、いきなり当日にメールしてきてくれるような状況じゃなくなってるし。
同棲中だとか、結婚したとか、その日暮らしで金が無いとか

「はー、やっぱバーで呑むからいいわ。ビアガーデンは別にいいわ」
「うーん、じゃ、会社の私の男友達を二人誘って四人で行きましょう。あの人達ノンちゃんの事知りたがってたし」
あやうく即座に断るところだった。
最近なにもかも遠慮して自分から「わーい」なんて言って参加することができなくなってる。
とりあえず、ここは好意に甘えて
「ありがとう、じゃそれなら参加するから声掛けてみて」
それからビアガーデンの話で少し盛り上がった。
ちょっとだけワクワクした。

今の私の頭の中って、「たぶんその男性二人は予定が合わなくて断ってくるんじゃないかな」とか
「当日雨で中止になるんだきっと」なんてネガティブイメージしか沸いてこない。
私は何かを期待してはいけないんだという感覚に完全に囚われているみたい。
期待してがっかりさせられて、相手はそんことなんとも思ってない。
何回もそんな事ばかり続くと、凹むよね。
一年半ぐらい前からその期待と期待外れが続いてる。
信じられないくらいタイミングが悪い。
それが全てうまく運んであの人とのうまく合わなかった飲み会三回ぐらいがせいこうしていたら、今の私達の関係は違っていた。
運命かと思うほど邪魔が入った。先祖がなんか助けたのかもしれないけどさ、なんかあっても自分で解決ぐらいできるわ。
そして一年前に最大の期待外れが起きて、どん底に落ち込んで。
心の復旧に手を貸してくれていたと思っていたパートさんは自分の事だけしか考えていない事がわかって。
人が信じられなくなって暗い顔していた一年で益々友達が離れた。
年上の彼女も昔のように❤マークだらけの逢いたい逢いたいってメールくれなくなった。

飲みに行くといつでも歓迎してくれる。
バーでも楽しく常連さん達と話をするけど、帰りには泣きたくなる。
飲み代がなくなれば逢うことのなくなる関係なんだよな。
家に帰っても会話はないし。
愛犬だけ大歓迎。
自分好きになるしかないじゃん!
これで自分が嫌いになったら消えちゃうんだろうな。
なんとかしよう!
オー!
声がちいさーい
オー!

と書き出しセルフヒーリングでした