FC2ブログ

やっとあの人との時代が終わった

先日、社内の女性二人と飲み会をした。
ひとりはあの人といっしょにLINEで繋がっていた女性。
最近仲良くなった友達がわたしに興味あるみたいで飲み会をセッティングしたようだった。
わたし的には心穏やかじゃ無い。
LINEをブロックして三年近く絶交していた女友達だ。
しかも彼女の本心を言わない態度はわたしをずっと悩ませ続けていた。
あの人がわたしから離れたときの状況をとうとうわたしに教えてくれなくて、答え合わせができないままだったんだ。
こいつがいなければあの人との関係はもっとスムーズに進んでいたと思われるほど憎い……本音はそうだけど、彼女の立場も考えるとそうとも言えず敬遠し続けていたひとだ。

飲み会が始まると同僚達の悪口ばっかりでわたしと巨乳美女は困ってしまった。
それはともかく、色々あって、あの人との話も出て。
それでも本当のことはまったく口を割らなくて。
帰りのエレベーターを待っているとき、「XXさん、のんさんのこと好きだったよー」
やっとそれだけが聞けた。
そうは思っていたけど。
それでも女性の心変わりを今では理解したから。
あのときはそうだったんだという事が確定しただけで報われて気がした。
煮え切らないわたし、直接好きだと伝えたあのオトコ、女は求められたらそっちに傾くよね。

地元に着いてから私があの人とのことを話し始めた頃から知っているバーテンダーに報告した。
「あの人はわたしが好きだったんだって」
若い彼にもわかるその意味。
「それが聞けただけででものんさんの気持ちが楽になったことがわかりますよ」
彼がほかの客の酒を作っているときにポロッと涙がこぼれて驚いた。
ダブルのウイスキーを一気にあおってお金を置いて帰った。
わたしらしくないのだけれど、いま死にたいって思った。なんでだろう。

帰り際にヒロに電話して、すっきりしたのだと思う事を伝えた。
風呂に入って頭を洗いながらしゃくり上げるほど泣いた。

後悔じゃなかった。
ヒロには「無駄に悩まされた三年近くの苦しみがバカみたい」って言ったけど、
ヒロはそれを無駄じゃないっていう。
そりゃわたしがあんな事にならなければブログも始めなかったし、ヒロと会うことも無かった。
ヒロはそんな打算じゃ無くて、失恋を経験した私の人間的成長も含めて無駄じゃ無いという気持ちだろうけどね。
じゃなんで泣いたのか、死にたいと思ったのか。
たぶん苦しみから解放されたという気持ち、ひとつの自分の歴史が終わった、決別の時か来たという卒業の寂しさみたいなものだと思う。

あのときあの人と男女の関係になっていたらっていう「もしもBOX」があったら。
たぶんあの人とわたしは破局を迎えていたと思う。
あの人の人間的な問題はかなりあった。
今まで関係した女性達は人間として成熟したオトナだったからわたしといまでも茶飲み友達でいられるけど、あのひとは違う。
わたしが女性化を始めたのはあの人のことが気になるようになるずっと前だし。
あの人を選ばなかったわたしの選択もすべては今に繋がっている。
人間は生きるためにたくさんのIFを選択し続けて死ぬ。
その人の最良を選んだ結果が人生なのだから死の瞬間に一つも後悔する理由はないはずなんだ。

そんなわけでわたしの男性から女性に切り替わる時代に起きた心の嵐は後片付けまで終わったんだ。
おつかれさま。
よく乗り越えられたね。
わたし。
スポンサーサイト
[PR]
[PR]

博物館ほんとええわ

金曜日に上野の運慶展にヒロと行ってきた。
会社を6時に出ても上野なら6時半。夜九時までやっているイベントだからワクワクする。
公園口改札を出たところで待ち合わせだった。
柱のとこにいた。気づかないふりして反対に回ったらあれれ?二人組??
猫上さんも一緒だ。
これは三人で運慶談義!とか考えて挨拶も出来ずあわあわしてたけど、猫さんはおうちでごはんが待っているとのことで顔見せだけ。
国立博物館までの道のりは普段とは違って人が多い。
みんな仏像好きーばかりだったようで、ほんと歩いてる人みんな運慶展を目指す人たちだった。
大混雑でもなく、じっくりと国宝、重文、教科書でしか見たことの無いものの現物とその背中側まで見られて大満足だった。
足が棒になったけどな

帰りには居酒屋行ったら前の大英博物館展のときに寄った店と同じで笑った
美味しかったし疲れていたのでビール二杯で酔っ払った

ヒロとのつきあいについての考察など話したらなんか重く考えていたようだけど、人の思考なんて見えないしわからないことだろう。
深く考えなくていいんだよ
人の思考なんて人の夢と同じ。まったく見えることもなく完全な理解なんて不可能なんだから。
いまの環境が居心地良ければいいのだ
また博物館行きたいね

1年目の二人

ちょっと前までうつ診断で最強レベルの判定を出していたわたし。
ちょっと前というのがもう一年以上前のことで、かなり昔に感じられるようになった。
そしてヒロとの関係がまだ一年しか経ってない事にも驚く。

最初の頃は彼が出来たって思っていたわたし。
ずっと見て来てそれはもしかしたら違うのではないかと感じてきた。
・やたら記念日好き
 半年記念だとか、誕生日とか。
 友達の誕生日もちゃんと記録してたりして。わたしはそーゆーのニガテ。

・一歩後を歩く
 最近言われたのだけど、わたしはいつもさっさか歩いてしまうらしい。
 そうなんだ。わたしは目的地にたどり着くまで落ち着かない人なんだ。

・手を繋ぎたがる
 わたしは相手が女性でもめったにしないよー

・ペアの物を持ちたがる
 指輪でしょ、首輪でしょ

・メイクしてくる
 眉毛は描かないと変だからいいけど。わたしはいつだってスッピンなんだってば

そんなわけで徐々にわたしがヒロの彼氏をやってしまうことが多くなった。
あの人は女子だなぁと思う。
とはいえ二人とも男で居なきゃならない時間が多いから、二人の会話は意外と社会人の男同士のようでもあり、どちらかの気持ちが弱ればどちらかが強くなり。
うまいこと交代しているはずだったのだけれど、ちょっとバランスが変わってきた気がしている。
またこれから先がどうなるのか

看取られるのは難しいけど、その頃のわたしはボケちゃってるかもなww

久しぶりの釣りができたことによるリハビリ

先週の土曜はヒロがわたしの秘密の花園であるバーに行ってみたいといって、ほんとに来ちゃった。
翌日の釣りに合わせての前乗りなんだけどね。

自分の秘密を吐露できる場所に身内的な人を入れるのは気が進まないのだけれど、滅多に来られるもんじゃなし、バーテンダーとお客さんに余計なことは言うなと釘を刺して彼を迎えた。
「いい人でしたね」
と一番長いつきあいの長いバーテンダーくんが言っていたよ。
あとはその日に来られなかった若い女子達が「見たかった!ざんねーん」と言ってたけど知るか。

翌日の釣りはしっかり6時に合流してグンマへ。
接待釣りのような緊張感を持ちながら、わたし秘蔵の釣り場を案内する。
2017-06-04_2.jpg

数年前にはお昼ご飯までに上がれた一区画1.5kmほどが意外と毛針に反応があるものだから遅々として進まない。
のどが渇いて一休みしたときにgoogle MAPで位置を確かめると1/5しか進んでいない。
それからも釣れないけど反応はある。
たぶん5センチぐらいの子山女だろうと思いながら沢を登り、写真を撮り、久しぶりに今いるこの場所のことしか考えないという開放された時間を楽しめた。
あとで聞いたら、ヒロは「あと何回こうやって釣りに行けるだろう」とじんわりしていたそうだが、今このときを生きていればいいのだ。
2017-06-04_1.jpg

14時過ぎに予定よりかなりオーバーして上がり、食事をしたが、そのとき私は自らの不調に気づき始めていた。
身体が動かない
やばー、死にそうなほど体力使っちゃった
風邪引いてるのに空気が美味しいところでたばこ吸わなきゃもったいないと、ずっと葉巻レベルの強いヤツ吸ってたせいか。
咳も止まらないし身体は動かないし、首から肩が凝りすぎて頭がガンガン痛いし、元気なくてほんと申し訳なかった。

17時に家へ送ってもらって、そこからまだ遠いヒロの行程を思うと気が気では無かったが、すぐ寝て、翌朝の出勤時間まで起きられなかった。
月曜は打ち合わせがあったのでムリして出社したけど火曜は休んでしまった記憶がある。
弱すぎだーー

釣りに行ったのは3シーズン振りだった。
ずっとまえの秋に会社が東京に引っ越して、あの人との駆け引きが忙しく楽しく、釣りに行く仲間も海釣りに転向してしまって釣りを忘れていた。
釣りの話もあの人は興味深く聞いてはいたが、アウトドア大嫌いな人だったので話の種に釣りに行って報告することも無くなっていたんじゃないかな。
いろいろなコトやモノにあのひとが絡んでいる。
時間薬がジワジワ効いて、そこに追加の薬が入っているおかげで少しずつ苦しさが和らいでいる。
いまとなっては絶対どうにもならないものと割り切ってしまったはずなのに、PTSDはそんなこと関係なく意識下に残っているんだろうな。
もっとたくさん思うところはあったんだけど、忘れちゃった。

釣りって、一人でも楽しいけど、釣れたときに周りを見回して、魚を見せびらかして称え合うのも楽しい。
見せられた相手はくっそーって思ったりしてるかもしれないけどね。
それって人間関係みたいでもあるな。

春が近づく

更新がないから広告出てるらしいのでなんか書くか

うちの庭にミモザが植えてある
あの人が好きな花だと聞いて鉢植えを買ったら、あの人もひと鉢買ったんだ。
ふた冬越えて大きくなったけどまだ花は咲かないかな。
枯れちゃえばいいのに。
街ナカで見る日当たりの良いところにあるミモザは黄色いよくわからんバサバサした花を咲かせているみたい。
季節のたびに痛みを思い起こさせるミモザが嫌いになった。

好きと嫌いと痛みの元はこのブログに書き棄てていいよね
まえよりずっと気持ちに余裕が出ているのは間違いない。
ヒロのおかげだ
先日、半年記念だと言ってた。
このままヒロとの年月を重ねてあの人より長い付き合いになった時、たぶん、それより前に、あの人は記憶から消えると思う。