FC2ブログ

わたしが欲しいという思考

ナルシスかって気もするのだけれど

十二、三才の頃からわたしはわたしが恋人だったら……という妄想をしていた。
その妄想はいまも時々してしまう。
わたしと一緒にお酒を飲んでみたい。
バーのカウンターでふたり同じ格好で。
わたしと同じ経験をしてはいるが、私とイコールでは無い。
わたしの深層意識で感じた事もわたしと話すことで浮き彫りになり、二人で「そーだよ、そういうことだったんだ!」などと気づきが得られる頼りになる分身。

わたしの気持ちはわたしがいちばんわかってくれるだろう。
知識のレベルは同じでも、脳をデュアルで使ってわたしが気がつかないことに気づいてくれるのでは無いか。
前から欲しいと言っていたPAB、パーソナルアシストブレインのような分身。

身体の相性もいいはずだ。
そんなときの妄想は相手のわたしが女性であったり、わたしが女性で、相手のわたしが男性だったり。
ふたりとも男性だったりすることもある。
自分の身体を知り尽くしているわたし達のことだ。
どれだけの快感があるのだろう。

以前のブログで書いた、自分のアニマを抱いた夢はこれまでの異性では感じたことの無い新鮮さと自分に返ってくるような強烈な快感を感じていた。
男性の性欲が無くなっているのにアニマのわたしはわたしに女性的な快感を呼び起こさせた。
トランス途中の体調や心の変化に、脳が作り出した調整されたわたしを抱いたのではないかと考えている。

わたしが愛してみたいと思っているもうひとりの私は、既にわたしの中にいる。
たぶん生まれたときからずっと。

自我はどこで作られているのかという哲学的命題があるが、もしかしたら自我はひとつでは無いのかも知れない。
実際の所、自我は思考する部分である脳から生まれるとはおもう。
そして一つでは無いと考える理由として、脳が左右に分かれた構造になっていることに怪しさを感じるのだ。

脳梁を失った人間が二人の意識を持つようになった話もあることだし。
右目と左目で見るものが、同じようでありながら角度の差異によって少しだけ違う情報を得る。
脳は基本的なその情報を脳梁のインターフェースを通じてひとつに統合して認識する。
実際左右の脳はそれぞれの感覚を元にそれぞれの発達をしてきているはずだ。
わたしの中にいるもうひとりのわたしは統合前の生情報によって存在している。

やはりわたしは二人居ると考えても良いのではないかと思うのである。
分裂症になったわけじゃないけどね。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

思い出してみた過去

わたしは美容師のインターンが10人ぐらい居る老舗の美容院で生まれた。
母の姉がそこに嫁いで妹であった母はそこでお見合いをして父は1時間自転車でそこに通い、わたしを作った。
ご主人のおじさんは波平のようにいつも和服を着て怒ってばかりだったが、わたしにはとても優しかった。
インターンの女性たちは私の子守を口実にしてサボろうとして、いつもひっぱりだこ。
近所のデパートに連れて行ってもらっていた。
半袖白ワイシャツに半ズボン、白いタイツにハンチングをかぶった写真が残っている。
アトムの乗り物に乗っていたw
先に独立した姉の美容院にわたしを連れて行ったとき、わたしは狂ったように泣いたそうだ。
家の主人はいたく怒って、絶対あの家に連れて行くなと言ったらしい。
その美容院もインターンが5人いて、男除けの神棚があったらしい。
わたしは何を見たのだろうか。
幼稚園に入るとき、家を出て一軒家に引っ越した。
わたしは「はやく帰ろうよ」と言って両親までホームシックにさせたらしい。
近所には同い年の女の子も居ていつも引っ張り回されて泣かされていた。
結婚の約束までさせられたけど泣いて嫌がったと思う。
小学校に入ってからも女の子達に遊びに誘われた。
野球など男の子同士の遊びが苦手だったわたしは気にせずつきあっていたが、いつも最後には「帰さない」と女の子が言い出して泣きながら帰ってきてだんだんと女の子達と距離を置くようになった。
ということをいま風呂で思い出した。
いろいろと今につながるきっかけがあったような気がする。
2017-02-11.jpg

「昔の自分に手紙を書くなら」のこと

「昔の自分に一度だけ手紙が送れるとしたら」って、まとめサイトのタイトルを見かけた。
わたしが自分に教えたいこと、変えたい過去は何だろう。
若すぎる自分に正論を伝えて行動を変えさせることなんか出来ないだろうと思う。
若さは可能性や無数の分岐点に溢れているから未来の自分なんて無限の可能性のひとつでしかなく、自分の選択に間違いなんか無いと思うだろう。未来の自分が後悔しているとしたらそれは自分じゃないって思うだろう。
未来から届いた手紙はきっと夢見た未来ではないはずだ。

今のわたしは何を伝えるんだろうか。
結婚相手を間違えた?
あの奥さんだったから自分が頑張らなきゃって張り切って今がある。
高校ぐらいでトランス開始したら?
女性になれるはずなんか無いと信じていたあの時代、まず疑う。本気にしてもネットも無くトランスしようがなかった。
転職のタイミングは?
すべて流れがあった。
この大きな判断を要する選択肢がたぶん、変えられない。

逆にこの中の一つでも変わるならいまのわたしはわたしじゃないパラレルワールドのひとりになるだろう。
過去を変えれば違う世界への分岐に行っちゃうだけで、いまのわたしは変えられない過去をずっと引きずる。
これからの未来を知らされぬまま、ずっと状況判断し選択していくしかない。

過去への手紙というものは無意味だと言えるね。

いまこうしていきているのも、死なないための本能が右か左かの二者択一を膨大な回数繰り返し、その判断は正しかったことを証明している。
死んでないからね

本能に加えて、高校ぐらいから今と同じ知識を持っていたら正解率は益々高くなり今いる環境での成功者になれただろう。
知識や、経験があればもっと良い選択をして思いを実現させる事ができる。
失敗の記憶や、命に関わる記憶は最優先で脳の記憶域に格納され、2度と同じ間違いをしなかったり、死に直面した時の回避技術に使われる。
知識と本能がモニタしないのは見えざる病氣ぐらいかな。

今から得る知識や経験はこれからの行動に大きく役立たせる事ができないだろう。体力や行動力が必要だからだ。

わかってたのに!なんでやらなかったんだという後悔はなまじ知識があるおかげで増えそうな気がする。

ブログばれを防ぐには

MtFブログ、女装ブログを書いている方は、アクセス数って増えて嬉しい反面、知り合いに見つかったらどうしようという不安を抱えていると思います。
同類の友達が増えるとその不安は薄まり、露出度が上がってゆきます。
人の事は言えない。私もブロ友に見せたくて写真載せて自己開示をしてきた。
偶然ブログ村から性同一性障害の記事をハッケンして更にランキング上位にいる知り合いを見つけると言うことはあり得ますが、能動的に探さなければ特定するには至らないのでは無いでしょうか。
見つけられてもシラを切り通す。
そのためには、
・住んでいる地域を絞らない
・名前を晒さない
・特徴ある持ち物を載せない
・家族構成やペットを晒さない
・もちろん自分の写真を載せない
といった掲載内容に注意する方法がありますが、上記を外した記事はどんなやつがやっているのか分かりづらく、友達も作りづらいと思われます。

ツール側からの防衛策として、
・マイナーブログを使う
・更新Pingを飛ばす場所を絞る
・アダルトブログを使う
・ロボット検索エンジンに拾われづらくするためのタグを入れる
方法があります。
アメーバブログはユーザー数とpingの飛ばし先が異常に多いのでロボットからのアクセスの方がニンゲンより多いと有名ですが、あらゆるところにブログが晒されますので注意が必要です。

私のFC2ブログのアダルト版は、会社からまずFC2自体がアクセス禁止対象になっていたりしますので基本的にヤバイ人が使っているところだから近づかない。ウイルスでも入ったらやだし。ぐらい企業から嫌われています。

検索エンジンに拾われづらくするタグといっても、<head> エリアに<meta name=”robots” content=”none”> (←全角なのでこれ入れてもだめよ) を入れるぐらいのことですが、気休めにはなるかと。
FC2の公式マニュアルにありましたね「検索エンジンに拾われにくくする方法

会社や近所の人にバレたら困ることしか書いてないので困りますw
もし見つけても穏便にね(はぁと)

ハイヒール革命

ハイヒール革命
ハイヒール革命が9月から放映されるみたい。
日本のこの系映画は珍しいので見てみたいけど、また東京ばっかりなんだろうな。

タイトルはまあ置いといて(三行で終わっちゃったし)

書かないとリハビリにならないというのに、気を抜くとtwitterやFacebookに逃げてしまう。
単文に慣れるとほんと、長文が書けなくなる反面、標語みたいなのがうまくなったりする。
当然長文の方が金になるのでがんばらなくてはならないのだけれど、脳内がずっととっ散らかっている。
色々な事に手を出せば気持ちを紛らわせる事ができるのではないかと、習い事をはじめ、このブログをはじめ、人と会う事を増やした。
手を広げたけれど、逃げながらの行動は撃たれやすいって感じで。
前にも書いたけど、自分に対しての刺激が足りないんじゃないかとも思う。
だからぼんやりとしたままマルチタスクで物事を考えているからマトマラナイ感が強いのではないかと。
これじゃないかなと思うのがやはりリビドー。
性欲を亡くしてしまった弊害。
一人ラプホとかで思いっきりオナニーするとかいう気持ちが全く湧いてこない。
オナニーというモノは男も女も被虐的だ。
特に男の完結である射精に至るため、自分をどのように高めてどのようにフィニッシュさせるかの組み立て、材料の吟味、妄想力の発揮はとても被虐的なクリエイティブ魂を奮い立たせる。
これも以前から言っているのだけれど、私はSM関係者でもあった。
しかし、Sのフリしてはいたが、Mの為のSという制作者という認識でいた。サービスマンだよね。
SはMの気持ちが分からないとただの暴力になってしまう。
元M女性がS女王になったりすると、とんでもない売れっ子になったりする。
私はドMで~す(はぁと)とか言ってるオンナ、ホントのM知ってんのか、死ぬ寸前まで感じるくらいでなければ違うといいたい。
そう思うと、自分はSを自分で飼ってるMであり、50:50の、「どノーマル」なんじゃないかとも思うのだ。

たまにはお風呂以外で全裸にならないと皮膚感覚がぼんやりしちゃうね。
そんで脳までぼんやりして老いてゆくんだきっと。
高い服は脱ぐために買う!と言ってた大昔から考えると、わしにゃあ赤いちゃんちゃんこが似合ってるんじゃわい……。

.....Rehabilitation of the sentence.