FC2ブログ

性別迷子パート2

女性化に関しては低迷もしているし、なるようにしかならないなと思っていた。
しかし、いまヒロと関係しているわたしはなんなんだろう。

男モードと女モードをうまく切り替えていると言っていたけど、本当だろうか。

わたし達は普通にゲイなんじゃないだろうかとも考えた。
ゲイであろうともビアンであろうとも、人を愛する気持ちは変わらない。
攻めと受け、ネコとタチの切り分けが入れ替わることもあるだろう。

友情にも親愛があり、親友には命も掛けられる。それとどう違うのか。
MtFの恋愛で、最初から男女の役割を決めてつきあう人たちも居る。
わたしたちは女性化が進んでいないうちに始まったから、その役割は決まっていない。

たとえば私の女性化が進み、男女のように見えるのであればわたしは「彼」と手を繋ぎ安心してイチャイチャできるだろう。
それに躊躇するのは、わたしが男としての体裁を気にしてしまうからだ。
自分の社会的体裁が客観的にわたし自身をジャッジしている。

姿が気持ちを変えるのだろうか。
AGであるわたしならあると言える。
とはいえ姿が追いつくまでは女を演じているだけのような気がする。
姿が女性になったとき、逆の性別違和を感じて、今度こそGIDと呼ばれることになり、男の心なのに女の姿であることに苦悩するかもしれない。

「女性のように扱われたい」と「女性になりたい」という気持ちが私の中では少しずれている。
自分の弱さを見せられる相手がいることは、それが女性として相手して貰える事とは違い、自分の弱さであるクソ甘えたキモイおっさんのアホな姿を勘違いしてかわいがってくれているんじゃないかと思えてしまう。
女を演じた嘘の姿だ。

そんなわたしのことは人として好きだと言ってくれている。
女だからではない、男だからでもない。
姿形や性自認がどうのこうのでは無いと。

もちろんわたしだってそんな表面的な事や、中途半端な性自認を認められて告白されたのでは無いと知っている。
わたしのこれまでの人生が、男同士にしか見えない二人が恋人同士であることに違和感を感じている。
同性愛を否定しているわけじゃ無いが。

男女の姿であれば。
いや、姿だけでいいのか?
わたしが女の思考回路になった場合、「彼」として好きになることに障壁は無いが、「彼」はMtFであり、「彼女」でもある。
本当の女はMtFからの告白を素直に受けられるのだろうか。
わたしが女になったとき、私を振った例のあの人のように女の嫌な部分が出たりするのだろうか。
あの人のような女を目指してきたはずなのに、女の心の残酷さや不可解さがだんだんわかってきた今、あの人のような女にはなりたくないとも考えてしまう。

最近「彼」は「彼女」化してきているように思える。
わたしよりホルモン剤の効き目が強いみたいだ。
これ以上変わらないよと言ってくれている「彼」は、本当は「彼女」になりたかったのではないか。
覚悟を持って女性ホルモンを使用しているMtFの仲間だったから……。

わたしの女性化について焦りは無いけれど、迷子になりかけているのではないかとだんだん気づいてまわりをキョロキョロしはじめているような落ち着かない気持ちなのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

筋肉が無くなった

腹筋を割りたくてちょっとは体幹トレーニングなぞやったのだけれど
肘立てでずっと我慢するやつね。
全然筋肉つかないどころか益々弱ってきて腰痛。
今は筋膜を鍛えるトレーニングの方が身体を外骨格のように支えてくれるというのでそっちに変えてみようかとも思う。
筋肉は女性ホルモンによってどんどん脂肪に代謝されてしまうようだ。
だとすると脂肪だらけのお腹は重力で下がってくるだろう。
今は体の皮でそれを支えている。
そのせいかデコルテがガリガリのまま。
食事も減ってきたから63キロとかなり前のやせっぽちだった頃の体重になってきた。
胸も小さくなってきた!
やっぱり一度は太らなきゃならないのかね
so7Fyihg.jpg

MtFの温泉事情


わたしたちはなかなか温泉に行きづらいことで有名(?)だけど、わたしは、のんびり=温泉の図式が好きだ。
昨年はヒロと一緒だったのでまあ見られても半分だなという感があった。
しかし冬の調子悪さと、いろいろなアルバイト関係の打ち合わせも兼ねて群馬県上野村に行った。
土日であれば娘たちや犬が連れて行けとうるさいので、日曜出勤の振休を使って出かけてきた。
日曜から降った雪で道路も少し冠雪。
2017-03-2703.jpg
現地の道の駅に着くと空気が山の匂い。
とってもさわやかだけど寒い。
打ち合わせを終えて目当てのもう少し山奥に出来た温泉へ
2017-03-2704.jpg
しおじの湯は上野村で最も最近出来た日帰り専門温泉。
美人の湯と言われているので入る。
クルマが数台止まっていたけど勇気を振り絞って入場。
500円とタオル200円払って男湯ののれんをくぐった。
真っ先に目に入ったのが、長い髪を乾かしている若い女!!
えええっ
女湯だったか?と思ったら服を着ている男の人。
一瞬MtFの人が目立たないように入りに来ているのかと思ったけど、よーく考えたら親子だな。
待合室に奥さんらしい人が休んでいたし。
ちょっと早かったらとっても気まずかったろーなーおい
なかなか大きい娘じゃんよ
その二人がいる所で服を脱ぐときはとっても緊張してボタンが外しづらかった。
さっさか全裸になってタオルで前を隠して入ると無人。
やった。一人温泉成功
2017-03-2702.jpg
身体洗って広い浴槽で平泳ぎ。
身体が温まったところで露天風呂。
こちらはも41度と適温でここでは背泳ぎ。
雪が掛かった山々を見ながら温泉を堪能できた。
多少は他人に驚かれてもいいかと思っていたのに拍子抜けではあったけどまあよかったと思う。
時期や時間を考えればMtFでも温泉を楽しめると思うよ
片道1時間半だからまあまあ近い。
今度は赤城山の混浴温泉に行ってみようかな。
もっと近いし

女性化後初めての検査


何年も足のむくみや静脈瘤をほったらかしにしてバファリンAを割って飲んだり、ナットウキナーゼのんだりしてたけど。
血栓についての悪さ具合を定量的に見ないと無駄な出費しちゃう。
いま行ってる美容系クリニックで採血してもらった。費用一万円。一般検査もしてもらったけどやっぱり高いね。
医師からの説明前に結果だけもらったので見ると、女性ホルモンが高く、男性ホルモンは抑えられている。
血栓関係もまだ正常範囲。
つまらん
それならなぜわたしは女性化が進まないんだ。
トシか、トシなのか

これからも今まで通りにしていいかなぁ

来ちゃった |ω・)チラッ

月曜の19日に来たよ、来ちゃったよ



50歳の大台


このブログの説明にも「50歳までにどうなるのか見てみたいと思います。」なんて書いてたけど、あっというまだった。
女性化に踏み切って二年とすこし、40後半からでは胸がちょっと大きくなるぐらいのもんだろと思っていた。

女性化の総括を

胸の大きさは1年目ぐらいが一番大きかったみたい
女性ホルモンを注射に変更
リビドーがゼロ
髪の毛は増えたけどまだ不安
肌は人からはキレイとか言われるけど自分ではまったくそう思えない
肌の色は白くなった(ネオビタホワイトプラスの効果だけだと思う)
酒に弱くなった
まつげが伸びた
富士額だったのがぼんやりとした額になった
彼でもあり彼女でもある恋人が出来た
昔の彼女とは完全に茶飲み友達になった
趣味に集中することが出来なくなった。好きな事が変わってきているのかな
思考が女性??って感じる事が時々ある
泣き上戸は変わらず
とにかく実年齢より若く見られる
下半身のアレがとにかく邪魔に感じる。取りたい

色々書き出したけど、女性に見られるようなことはまだ無い。

やっぱりムリか、中止だな


ってわけにもいかないので残った人生をなるべく自分に使ってあげたい。
娘達なんかどーせ人んちの子になっちゃうんだし。
おもしろおかしく生きようなんて言える身分じゃないのでお金のために働き続けるけど。
会社に自分を消費させられるのはイヤだ。

さて、死ぬまでどう生きようか
色々考えなくてはならない年代なのかと、ちょっと気が重い