FC2ブログ

発奮

先日ブログ仲間が秋葉原に来るというので、ランチを一緒にとることにした。
秋田から来たのは「かもふ」のユーくんと友達。
わたし、実は結構前からの読者で中性的な彼の姿は目標で憧れだった。
当日は仕事が手に付かないw
まさにスターに会える!!という気持ち。

約束のファミレスに着くと、入り口で立っていた二人。
わたし「あ、いたいた」
「どーも!」
みたいな会話だったかな
その瞬間の物腰が女性的だったのを覚えている。
イメージと違ったのは身長と話し方。
私と変わらない身長?なのにそれを感じさせない。
肩幅もけっこうあるのにそれを感じさせない。
ウエストもがっつくくびれているわけじゃないのに細く見える。
とにかくこんな綺麗なコ見たこと無い。
希少動物の冬モードオコジョにタトゥ入ってるみたいな。

話し方はやわらかく誠実で危うさも無く、私が20も年上でサラリーマン姿なので、なんだかアキバでスカウトしてファミレスで騙してるように見られてるんじゃ無いかって気持ちになった。

また、イメージなのかも知れないけれど、匂いがしないと感じた。
わたしも無味無臭と言われるけれど、ユー君から感じる人いきれのようなものが希薄だったように思う。
自分を飾るような香りすら不要なのかもしれない。

彼はお土産も持ってきてくれて、その気遣いがすんごくうれしい。
(あえて彼と書くけれど、MtF同士の「彼女はぁ・・」という言葉は不要な、彼の意向である綺麗になりたいと思ったら、その形が女性の姿であるだけのことといった考えに深く賛同する意をもって彼と呼ぶ)

女性のようで女性で無く、男性でも無い。
ほんとうの中性人というのはこういうものなのかという妖しい魅力をもった人だった。
帰りに写真を撮らせてもらったのだけれど、なんか、恐れ多くて写真撮るのが失礼な気がして
かなりドキドキしながら一緒に写真を撮ったのだった。
見せないけどw

人はこんな姿にもなれるのか……。
目が離せない魅力。
若さはあるかもしれないのだけれど、わたしもがんばってみたくなった。
話し方、手指のしぐさ、身のこなし。
心が所作に影響するのか。言葉遣いが雰囲気を女性的な柔らかさにつなげるのか。
ユーくんの話しを聞きながらわたしはその秘密をみつけようと必死だったかも知れない。
わたしは中性的なわたしを形作るためのお手本であったユー君のすべてをこれからも目指して焦がれるのかもしれないな。
二つ前のブログ記事ではであきらめたばかりなのにねwww

こんなこと言っていいかわからないけれど。
早世してしまった彼はユーくんと居られて本当に幸せ者だったと思う。
まだユーくんはバージョンアップをし続けている。
その姿は亡くなった彼の意向とは違うのかも知れないけれど、ユーくんの自己表現は彼も認めざるを得ないだろうと思う。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

1年目の二人

ちょっと前までうつ診断で最強レベルの判定を出していたわたし。
ちょっと前というのがもう一年以上前のことで、かなり昔に感じられるようになった。
そしてヒロとの関係がまだ一年しか経ってない事にも驚く。

最初の頃は彼が出来たって思っていたわたし。
ずっと見て来てそれはもしかしたら違うのではないかと感じてきた。
・やたら記念日好き
 半年記念だとか、誕生日とか。
 友達の誕生日もちゃんと記録してたりして。わたしはそーゆーのニガテ。

・一歩後を歩く
 最近言われたのだけど、わたしはいつもさっさか歩いてしまうらしい。
 そうなんだ。わたしは目的地にたどり着くまで落ち着かない人なんだ。

・手を繋ぎたがる
 わたしは相手が女性でもめったにしないよー

・ペアの物を持ちたがる
 指輪でしょ、首輪でしょ

・メイクしてくる
 眉毛は描かないと変だからいいけど。わたしはいつだってスッピンなんだってば

そんなわけで徐々にわたしがヒロの彼氏をやってしまうことが多くなった。
あの人は女子だなぁと思う。
とはいえ二人とも男で居なきゃならない時間が多いから、二人の会話は意外と社会人の男同士のようでもあり、どちらかの気持ちが弱ればどちらかが強くなり。
うまいこと交代しているはずだったのだけれど、ちょっとバランスが変わってきた気がしている。
またこれから先がどうなるのか

看取られるのは難しいけど、その頃のわたしはボケちゃってるかもなww

わたしが欲しいという思考

ナルシスかって気もするのだけれど

十二、三才の頃からわたしはわたしが恋人だったら……という妄想をしていた。
その妄想はいまも時々してしまう。
わたしと一緒にお酒を飲んでみたい。
バーのカウンターでふたり同じ格好で。
わたしと同じ経験をしてはいるが、私とイコールでは無い。
わたしの深層意識で感じた事もわたしと話すことで浮き彫りになり、二人で「そーだよ、そういうことだったんだ!」などと気づきが得られる頼りになる分身。

わたしの気持ちはわたしがいちばんわかってくれるだろう。
知識のレベルは同じでも、脳をデュアルで使ってわたしが気がつかないことに気づいてくれるのでは無いか。
前から欲しいと言っていたPAB、パーソナルアシストブレインのような分身。

身体の相性もいいはずだ。
そんなときの妄想は相手のわたしが女性であったり、わたしが女性で、相手のわたしが男性だったり。
ふたりとも男性だったりすることもある。
自分の身体を知り尽くしているわたし達のことだ。
どれだけの快感があるのだろう。

以前のブログで書いた、自分のアニマを抱いた夢はこれまでの異性では感じたことの無い新鮮さと自分に返ってくるような強烈な快感を感じていた。
男性の性欲が無くなっているのにアニマのわたしはわたしに女性的な快感を呼び起こさせた。
トランス途中の体調や心の変化に、脳が作り出した調整されたわたしを抱いたのではないかと考えている。

わたしが愛してみたいと思っているもうひとりの私は、既にわたしの中にいる。
たぶん生まれたときからずっと。

自我はどこで作られているのかという哲学的命題があるが、もしかしたら自我はひとつでは無いのかも知れない。
実際の所、自我は思考する部分である脳から生まれるとはおもう。
そして一つでは無いと考える理由として、脳が左右に分かれた構造になっていることに怪しさを感じるのだ。

脳梁を失った人間が二人の意識を持つようになった話もあることだし。
右目と左目で見るものが、同じようでありながら角度の差異によって少しだけ違う情報を得る。
脳は基本的なその情報を脳梁のインターフェースを通じてひとつに統合して認識する。
実際左右の脳はそれぞれの感覚を元にそれぞれの発達をしてきているはずだ。
わたしの中にいるもうひとりのわたしは統合前の生情報によって存在している。

やはりわたしは二人居ると考えても良いのではないかと思うのである。
分裂症になったわけじゃないけどね。

つまんなーい

わたしの職場は土日しか休みがないので、お盆でも会社に来ています。
ヒロは実家に帰っている。
ツイッターではみんな遊びに行った報告してる。
悶々としますわ。
休んでも使う金が無いのでちょうどいいんですけどね。
会社の周りでのお昼はランチタイムが無いのがキツイ。
月曜から涼しいのだけが救いかな。
都内の飲み屋とか色々行きたいがなー
ほんっとつまらない!!!

きれいなおっさん

高校生の娘が最近よく頼み事してきたり、送り迎えするものだから会話が増えている。
髪型の指導など入ったりして。
とりあえず先日話した「きれいなおっさん」になるのは賛成のようだ。
わたしとしてもこのトシだし、もう女性化はあきらめている。
化粧などでごまかすのも「だよねー、ファンデ塗ってるんだ、どうりで肌が綺麗だと思った」って言われるのはいやですし。
顔の骨格からして削ったりしなきゃムリだわ
かなりあきらめ……というより、落としどころが見つかった感じ。
娘にモテルならそれでいいや。
2017-07-22.jpg
といいつつも写真補正してしまうww